2014年12月02日

菅原文太さんの膀胱がん治療体験に学ぶ〜がん治療も自分で選ぶ時代に〜

 今日は、がんサポートというサイトから、亡くなられた菅原文太さんの以下の2年前の対談記事を抜粋して紹介します。
------------------
 菅原文太さんは膀胱がんを発症し膀胱全摘を覚悟した。しかし、人工膀胱の袋を見た文太さんは……。幸運な出会いの末、膀胱温存療法に辿り着く。そんな文太さんの貴重な体験を踏まえ日本のがん医療が抱えている問題点について東大准教授の中川恵一さんと語り合った。

中川 文太さんが膀胱がんに罹って筑波大付属病院泌尿器科の赤座英之先生(現東大先端科学研究センター)のもとで膀胱を温存する治療を始められたのが2007年4月ですよね。約3カ月入院されて無事、退院された。それから5年以上経った訳ですね。がんというのは5年間再発しなければほぼ治ったと考えていいですね。ただ文太さんみたいに袋を着けないで膀胱がんを治された方は本当に少ないですよ。

菅原 こんな良い治療がどうしてなのかね。外国でもそう?
中川 そうですね。手術が圧倒的に多いです。泌尿器科の先生って外科の先生ですよね。外科の先生の仕事は手術することです。だから、赤座先生は例外中の例外の先生です。文太さんのようなステージ2の膀胱がんの場合、赤座先生の見立てによると大体、半分ぐらいは温存できると言われていましたね。そのことがあまり知られていないんですよね。だから今日の主旨は臓器の温存、あるいは治療法の選択の可能性を患者さんに知って頂きたいという点にあるんです。

中川 文太さんがそもそも私のところにセカンドオピニオンを求めに来られたのは2007年3月。その時はがん研有明病院で手術をすることを決めてらっしゃったんですよね。でも、そうすると人工膀胱になる。それが嫌だとおっしゃっていましたよね。
菅原 誰だって躊躇すると思うよ。だって、人工膀胱ってコンビニの袋と変わらないじゃない。もう少し精密なものだと思っていたから。ただ袋に糊を付けてぶら下げるだけのものなんて医療にも遅れているジャンルがあるんだな、とガックリきました。そんな袋を付けて生き延びたとしても「そんな暮らしは楽しくないな」と思ったね。どうにも釈然としないので私の番組でご一緒した鎌田實先生に相談したんですよ。親切な先生でね、2〜3日経って返事があった。10人ぐらいの先生に打診してくれたらしい。そしたら「9人までの先生は切るしかないと言っているが、1人の先生だけがどうなるか分からないけど来てみてください」という医者がいる、という話だった。そのたった1人の先生が中川先生だった。

中川 文太さんの場合、標準治療であれば膀胱全摘です。でも「袋をぶら下げて生きていたくない」というお話を伺ってそれなら陽子線治療がいいのではないかと当時、筑波大学泌尿器科にいらした赤座先生をご紹介させてもらいました。
中川 文太さんは筑波大に約3カ月間入院して温存療法の治療を受けられました。抗がん剤を足の動脈から患部に直接注入する動注化学療法を3クール、それと併せて放射線を23回照射、それが終わって最後の仕上げに陽子線を照射する治療です。X線は光なのでがん細胞を照射しても突き抜けて他の部分にも当たるので副作用が出ることが多い。ところが陽子線は質量があるのでがん細胞のところで止まるので副作用が出にくいんです。

中川 文太さんが逡巡された人工膀胱を始め、人工肛門にしてもがんのサポート的な役割を果たす日常の身の回りのものはみんな荒々しいですよね。がんになった人にはきめ細やかなものがいらないとでも思っているんですかねぇ。日本ではともかく治癒が第一で、みすぼらしい袋が着いていようが寝たきりになろうが、極端なことをいえば生きてればいいじゃないかという考えですからね。
菅原 人工膀胱がもう少し納得いくような仕組みだったら手術を受けていたかも知れないな。トイレに行ってオシッコしたら全部外して新しい袋に入れ替えなければいけない。それじゃ外出するのに替えの袋を3つも4つも持っていかなければいけないなんて考えるとますますガックリくるよ。なんか患者側の気持ちに立つという大事な点が抜け落ちているよね。

中川 僕は27年間、がんの医者をやってきましたけど日本って臓器の温存に対して一番消極的な国なんですよ。
菅原 それは何でなの?
中川 いろんな理由があるでしょうが、外科医が多いということでしょうね。外科医が10万人に対して放射線治療医は1千名ぐらいですから。

 日本ではがんと診断されたら外科に行きますからね。こんな国は先進国では日本だけですよ。胃がんが多かったですから。とにかく胃がんは切る。胃がんは王貞治さんみたいに全摘するならともかく、部分切除なら体にあんまり影響ないですからね。それで今日までずっと来たんです。

 例えば現在、食道がんの治療は圧倒的に手術です。しかし私が食道がんになったら化学放射線療法をやります。それは食道がんの手術をすると体が受けるダメージがもの凄く大きいからです。ところが放射線と抗がん剤を併用すると手術と遜色ありません。ダメージも少なくて済みます。

 また、子宮頸がん、これを日本で治療すれば8割近く手術です。でも欧米なら8割近く放射線です。まったく手術と同じ治癒率です。前立腺がんも手術と放射線では同じ治癒率です。だから患者さん側が治療法を選ぶ、あるいは比較するということをしなくてはいけません。まさに文太さんはそうされた訳です。

 これからはがん治療も自分で選ぶ時代にならなくてはいけません。自身でがん治療を選択された文太さんに機会があれば是非ともご自身の体験を彼らに話してあげてください。
菅原 自分の体験したことがみんなの役に立つなら積極的に協力したいね。
posted by toyoharu at 22:15 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

ジャンプW杯史上最年長V!葛西 実は“戦力外”だった

 今日は、YAHOOニュースから以下の記事を紹介します。
------------------
 ノルディックスキー・ジャンプ男子のW杯個人第3戦(HS142メートル、K点120メートル)で、42歳5か月の“レジェンド”葛西紀明(土屋ホーム)が今季初優勝を果たし、自身の持つW杯史上最年長記録を更新した。不可能を可能にし続ける男は今季の“戦力外予想”から一転、2018年平昌五輪での「大役就任」に大きく前進した。

 ラージヒルで銀、団体で銅メダルを獲得したソチ五輪の勢いは継続していた。「会心の1本。すべてがぴたっとはまった」と振り返った1本目は145メートルの最長不倒をマークしてトップに立つ。2本目は不利な風の中、131.5メートルと踏ん張り、合計272.2点でシモン・アマン(スイス)と並び同点優勝。ソチ五輪2冠のカミル・ストッホ(ポーランド)は不在だが、42歳5か月での快挙に葛西は「やったぞー! レイチェル!」と怜奈夫人の“愛称”を絶叫。「3位か4位かと思ったけど、まさかの同点優勝だった。あり得ない」と声を震わせた。

 ソチ五輪の活躍で大ブレークした葛西はオフの間、イベントに忙殺された。練習量は昨年の半分にとどまり、体重調整も難航した。11月7日のシーズンイン会見で葛西は「ベストから2〜2.5キロぐらい重い」と明かしていたが、全日本スキー連盟関係者には「5〜6キロ増えてる」と告げるなど、“激太り”で状態は最悪。五輪の反動もあり、連盟は「4年間目一杯やってきた。オリンピックでのアスリートの負担はすごい。葛西は世界選手権(来年2月)に間に合うかどうか」(関係者)と、ジャンプのレジェンドを“戦力外”に指定していたほどだった。

 ところが、葛西は笑顔を絶やさなかった。慣れない講演も「緊張感をジャンプに生かせたらなと思ってやってました」。メダルを通じて触れ合った1万5000人以上の声援も力に変えた。同い年で元プロ野球日本ハムの盟友・稲葉篤紀氏(42)が今季で引退。心の支えを失ったが、“球界のレジェンド”中日の山本昌投手(49)の契約更改をチェックし、サッカーの“キング・カズ”三浦知良(47)との対面で魂を奮い立たせた。

 すべてはまだ手にしてない「五輪金メダル」の夢のためだ。古川年正競技本部長は4年後の平昌五輪では「今度は日本選手団団長。選手兼でいい」とソチで主将を務めた葛西に“全権”を託すことを表明している。無謀とも思えるプランも、この結果で現実味を帯びてきた。衰え知らずの葛西には、いかなる常識も当てはまらないのだ。

 優勝後、葛西は怜奈夫人に電話で報告した。「いつもパソコンのライブ速報を見てくれている。泣いていました」。愛する人のサポートがレジェンドの背中をさらに後押しすることは間違いない。五輪後のシーズンも主役は葛西。ますます目が離せなくなりそうだ。
posted by toyoharu at 22:27 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

好対照の結果になった両村上

 今日は、YAHOOニュースから以下の記事を紹介します。
------------------
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯は第2日の29日、大阪なみはやドームで男女のフリーなどを行った。男子はショートプログラム(SP)3位の村上大介がフリー1位となる166.39点で合計246.07点。SP、フリーともに自己ベストを更新し、逆転でGPシリーズ初優勝を飾った。

 SP1位の無良崇人はフリー148.16点で合計234.44点の3位。SP5位の羽生結弦はフリー3位の151.79点で追い上げ、合計229.80点で4位だった。無良と羽生は既に進出を決めていた町田樹とともに、GPファイナル(12月11日開幕、スペイン・バルセロナ)に出場する。

◇無良崇人の話 (SP首位も3位に後退)硬かった。追われる立場はしんどいと分かった。(初のGPファイナルは)チャンスなので、表彰台を目指したい。
◇羽生結弦の話 (4位に終わり)悔しい。けがの影響ではなく、僕の今の実力。(GPファイナル進出については)非常にびっくりしている。中国での試合が無駄にならなかった。

 女子はSP4位の宮原知子がフリー2位の118.33点で合計179.02点で3位。SP3位の村上佳菜子は108.71点で合計173.09点で4位となり、ともにファイナル進出を逃した。日本勢が一人もファイナルに進めないのは14季ぶり。優勝はSP首位のグレーシー・ゴールド(米国)だった。

◇村上佳菜子 「あー、終わったな」。得点を目にした瞬間、村上はがっくりとうなだれた。フリーでまさかの108.71点。表彰台を逃し、「絶対に行きたい」と有言実行を目指したファイナル進出も消えた。

 SPとともに中国杯から大幅に変更したプログラム構成。完成度の未熟さを露呈したのは、後半の3連続ジャンプで犯した痛恨の跳びすぎ違反だった。単発の3回転ループが2回転になっていたにもかかわらず、3連続でも予定通りに2回転ループを2回跳んだ。ルールで同じ種類の2回転は2回まで。ジャンプが失敗した場面の想定まで頭が回っておらず、得点源が0点になった。

 女子の牽引役が期待されながら、万全の調整でシーズンを迎えられなかったことが影響しており、本人も「こんな失敗はしちゃいけない」と声を落とした。

 GPの歴代ファイナルは、最多に並ぶ4度の優勝を誇る浅田真央をはじめ、荒川静香や安藤美姫、鈴木明子らが表彰台をにぎわせてきた。村上も4季前の初出場で3位だった。それが、今季は14季ぶりに日本女子が1人も出場できない。20歳のエース候補は「この悔しさを次につなげるしかない」と悲壮感を漂わせて雪辱を誓う。ファイナルに4人が出場を決め、勢力図の塗り替えを仕掛けるロシア勢らを前に、足踏みをしている時間はない。
posted by toyoharu at 22:57 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

「日本人ですか?」と聞かれた中国人夫婦

 今日は、Record Chinaから以下のコラムを紹介します。
------------------
 2014年11月26日、中老年時報は、欧州を旅行した老夫婦の体験談を紹介した。

 私たち夫婦は欧州を船で旅行した。夜は航行し、昼は港に停泊するので、朝食と夕食は船の上で食べていた。レストランは非常に大きく、数百人は収容できる。われわれの世代はさまざまな苦しみを味わい、食べ物のありがたみをよく理解している。だから、食事のときはコメ一粒も無駄にしない。ビュッフェスタイルの時もそうだ。食べたことのないものは、まず少量とる。もし口に合えば、また取りに行くのだ。私たちの皿には食べ物は残らなかった。

 船の上で10日も生活している上、東洋人は多くないので、何人かのサービス係は私たちの顔を覚えた。そのうちの2人が、皿を片づけるときに私たちに「日本の方ですか?」と聞いてきた。私は「いいえ。中国人です」と答えた。彼らは礼儀正しかったが、内心は気分が悪かった。サービス係は無数の客を見てきている。的外れな発言はするはずがない。彼らの心の中では、東洋人のいでたちでこれほどきれいに食事をするのは圧倒的に日本人が多いということなのだろう。そうでなければ、こんなふうに聞いてくる訳がない。

 ルーブル美術館を見学した時、入口で中国語の音声ガイドの機器を借りようとした。しかし、係員は「たくさんのお客様が借りていかれますが、どなたも返していただけないので、このサービスは中止しました」と言った。ここでは日本語の音声ガイドは貸し出されていた。孫娘によると、3年前には中国語の音声ガイドの貸し出しもあったという。このことを思い出すとつらくなる。

 エジンバラのホテルの浴室には、英語と中国語でこんな注意書きがあった。「寝室を濡らさないでください。絨毯を濡らした場合は弁償していただきます」。私はこれを見てさらに気分が悪くなった。これは明らかに中国人に対する注意書きだ。ただ、一部の観光地に中国語で「痰を吐かないでください」と書いてあるのに比べて、いくぶん紳士的であるだけだ。海外で、「中国の方でしょう?」と声をかけられるようになることを心から願うばかりだ。
posted by toyoharu at 23:33 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

日本、国別ブランドランキングで世界トップに

 今日は、日経から以下のForbes誌の翻訳記事を抜粋して紹介します。
------------------
 ここ1年、日本は景気回復にもがいているが、世界中の人々のあいだで日本のブランド評価は着実に高まっている。国際的なブランドコンサルティング会社のフューチャーブランドが毎年発表している国別ブランド指標で、日本が初めて、世界で最もブランド力の高い国に選ばれた。

 この国別ブランド指標は、さまざまな消費財のブランド評価に用いられるのと同様の基準に基づいて、世界各国のブランド認知を数値化したものだ。この評価基準には、ある国が、高品質の製品をつくっているか、生活したり留学したいと思わせるような場所か、質の高いインフラが整っているかなどの認知が盛り込まれている。

 各国のブランド評価にあたり、フューチャーブランドは世界17カ国でひんぱんに海外旅行をしている2530人の回答者からデータを集めた。「今年の調査結果を見ると、強いブランドを持つ国は、外国人の訪問回数や評価の高さ、海外からの投資金額、製品やサービスに対する消費者の支持など、数値化された競争力においても優位に立っていることが分かる」。フューチャーブランドの国際戦略部門を統括し、リポートの共著者でもあるトム・アダムズ氏はそう語る。

 日本は今年初めて、長年君臨してきたスイスをしのいで第1位の座に就いた。ある回答者は、日本と聞くと「ユニークさ」を評し、テクノロジーや医療、教育、歴史遺産や芸術、文化を連想した。ある回答者は「日本は停滞することなく、常に向上し続けている。ロボット開発技術やロボットエンジニアリングで世界に勝っている」と述べた。ある回答者は、テクノロジーや家電製品、自動車を日本が持つ「概して高度な専門性」と評価し、日本が最も力を発揮している分野として、テクノロジーとイノベーションを挙げている。

 今年第2位となったスイスについて、回答者は、高い生活水準、治安のよさ、医療と教育を連想すると答えた。日本同様、スイスが他分野より力を発揮している領域としてテクノロジーとイノベーションを、また、概して高度な専門性を持つ分野として高級消費財を挙げており、「美しい」「清潔」「安全」「高価」といった言葉で形容している。

 国別ブランドの第3位はドイツだった。回答者は「ビール」「テクノロジー」「文化」「自動車」「治安のよさ」「驚異的」などの言葉で形容している。ある回答者はドイツについて「欧州の経済圏、ひいては欧州全体を下支えしている」と述べ、「しかもドイツは第2次世界大戦の荒廃から立ち直り、わずかな年月のあいだに議論の余地がない、世界のリーダーの地位を築いた」と書いた。

 昨年第8位だった米国はランクを1位上げて第7位に就いた。リポートには、回答者が今後最も影響力を持つと考える都市のリストが添えられており、ニューヨーク市が第1位になった。重要なのは、ブランドランキングの上位を占めた国々が、政治や経済に最大の影響力を持つとみなされている訳ではなく、テクノロジーやイノベーションなどの分野で強みがあるという点だ。

 フューチャーブランドの会長、クリストファー・ヌルコ氏は「国別ブランド評価は、政治や経済での重要度と同じくらい、イノベーションやテクノロジー、環境分野で持つ力のことを指す。このことは、将来の国のブランド評価を形成する原動となる要素に変化が生じていることを示している」と語る。
posted by toyoharu at 21:24 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
fx
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。