2014年04月30日

オバマ来日、最大の敗者は韓国大統領だった

  今日は、JBpressから以下のコラムを抜粋して紹介します。
------------------
  先週のハイライトは何と言ってもオバマ大統領の国賓訪日だろう。米大統領訪日となれば議論はその成果に集中する。されば今回はオバマ大統領訪日の勝者と敗者について考えてみたい。

  最大公約数的な評価は、安倍首相が安全保障面で望むものをほぼすべて得たのに対し、オバマ大統領にとってTPP・貿易交渉面での成果は必ずしも十分でなかった、といったところだろうか。筆者はこうした表面的な分析を好まない。

  先ずはオバマ大統領の実際の発言を検証してみよう。以下は共同記者会見で同大統領が尖閣諸島と日米安保条約などについて述べた部分だ。微妙なニュアンスを理解していただくためにも、ここは英語を正文とし、筆者の責任で仮訳を付けさせていただいた。

  Our treaty commitment to Japan's security is absolute, and Article 5 covers all territories under Japan's administration, including the Senkaku Islands.(日本の安全保障に対する米国のコミットメントは絶対的であり、[日米安保条約]第5条は尖閣諸島を含む日本の施政権下にあるすべての領域を対象としている)

  We don't take a position on final sovereignty determinations with respect to Senkakus, but historically they have been administered by Japan and we do not believe that they should be subject to change unilaterally.(米国は尖閣諸島に関する最終的主権問題の決定に関する立場を取らないが、歴史的に尖閣諸島は日本の施政権下にあり、米国としてはこれを一方的に変更すべきではないと考える)

  This is not a new position, this is a consistent one. There's no shift in position. There's no "red line" that's been drawn. We're simply applying the treaty.(これは新たな立場ではなく、米国の立場は一貫している。米国の立場に変更はなく、これで「[武力行使を示唆するような]レッドライン」が引かれることはない。米国は単に条約を適用しているのである)

  At the same time, as I've said directly to the Prime Minister that it would be a profound mistake to continue to see escalation around this issue rather than dialogue and confidence-building measures between Japan and China. And we're going to do everything we can to encourage that diplomatically.(同時に、この問題を巡り日中間で、対話や信頼醸成措置ではなく、[緊張]のエスカレーションが続くことは重大な誤りであり、このことは安倍首相にも直接伝えている。米国はこうした動きを外交的に全力で慫慂していく)

  安倍首相は必ずしも勝者ではない。オバマ大統領が確認したことは1960年日米安保条約の内容に過ぎないからだ。日本の関係者が内心望んだのは中国が真に恐れる米国の明確な軍事介入約束だったろうが、米国がそこまで踏み込むことは当面ないだろう。

  一方、安倍首相は敗者でもなかった。TPP貿易交渉について、米国が望むような「原則合意」に追い込まれることはなかったからだ。それではオバマ大統領はどうか。TPPについては上記の通りであり、オバマ大統領は勝者にはなれなかった。

  それでは敗者は中国だったのかというと、必ずしもそうではない。相変わらず中国外交部の報道官は激しく反発しているが、中国の最高レベルの政治指導者はそれほどナイーブではないだろう。万一尖閣有事が発生した際、米国の来援は恐らく中国側の軍事戦略や作戦計画に既に織り込み済みだと思う。

  それでは真の敗者はだれなのか。敗者は韓国政府かもしれない。これまで朴槿惠大統領は日本の「歴史認識」や安倍首相の「靖国参拝」などを口実に日米韓、特に安全保障分野での日韓関係の深化に一貫して消極的だった。だが、今やオバマ大統領が日本との安保関係をこれほど重視する以上、今後とも日韓関係改善に向けた米国の韓国に対する働きかけが続くと見るべきだろう。
posted by toyoharu at 20:52 | 埼玉 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
広島、長崎への原爆投下を今も謝罪しないアメリカに、反アメリカ感情を今こそ噴出せよ。 アメりカの洗脳広告代理店である電通を使った、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオに洗脳報道され続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! 我々はハッ、と気付いて用心し、注意し、警戒すれば騙されることはない。 すべてを疑うべきなのだ!
Posted by 脱洗脳報道なら副島隆彦の学問道場 at 2014年05月14日 14:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395939697
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
fx
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。