2013年10月16日

豪腕社長の夢、ななつ星いざ出発

 今日は朝日新聞から以下のコラムを紹介します。
------------------
  JR博多駅の6番ホームは平日の昼間だというのに、時ならぬ人だかりができていた。15日午後0時47分。九州をひとまわりする豪華寝台列車「ななつ星」の第1便が、警笛を鳴らしながらゆっくりと動く。

 着物の女性やスーツの男性ら28人の客が、磨き上げられたワインレッドの車体の窓から手を振っている。多くが、首都圏に住む50〜60代の富裕層の夫妻だ。

 JR九州は、この客車7両と機関車の1編成に新幹線なみの30億円をかけた。シャワー室にはヒノキが張られ、客室の洗面鉢は有田焼の人間国宝14代酒井田柿右衛門の遺作。壁には大川の家具職人の繊細な装飾が組み込まれている。バイオリンやピアノの生演奏もあり、すし職人が目の前で腕をふるう。

 飛行機とのスピード競争に敗れ、1990年代以降に相次いで姿を消した寝台列車。今、贅沢な時間やおもてなしに浸る「動く高級旅館」として、九州で新たな一歩を踏みだした。

 地方のローカル線を多く抱えるJR九州は、鉄道部門で年100億円を超す赤字が続く。国からの基金3877億円の運用益でどうにか黒字にしている。それなのに、JR東日本や西日本の計画より3〜4年早く豪華寝台列車を実現できたのは、社長の唐池恒二(60)の強い思い入れがあってこそだった。

 ななつ星のことになると、唐池の指示は格段に細かくなる。「食堂車で出すフォークやスプーンは、ノーベル賞の晩餐会で使われた新潟県のメーカー製にするように」

 食事のメニューは、デザートまで自分で味わって厳選する。選ぶ楽しみは欠かせないと、シャンプーやリンスは2種類ずつ置かせ、乗務員のおじぎには「かしこまりすぎている」と注文。列車がまわるコースも唐池の提案を軸に決まる。ななつ星の担当部署は、社内では社長直轄の「天領」とささやかれる。

 唐池は、大阪育ちの根っからの関西人。京大では柔道部主将だった。1977年に国鉄に入り、87年の分割民営化の前の4年、大分と門司での勤務を経てJR九州に移る。バブル景気で右肩上がりの時代。「九州を一周する豪華な寝台列車をつくったら、きっと受けるよ」。30代半ばの唐池は、中洲の繁華街で知り合った広告マンの言葉が忘れられなくなる。

 40代にかけての10年間は、鉄道の仕事から離れていた。九州料理の店「うまや」の外食事業や、博多と釜山を結ぶ高速船「ビートル」の就航を軌道に乗せる。2009年に4代目の社長に就いたとき、会社は売り上げの6割近くを外食などの鉄道以外の事業で稼ぐようになっていた。それでも、最初に思い浮かべた次の一手は、あの豪華寝台列車の構想だった。

 人口の減少が著しい九州で、鉄道事業の先行きは厳しい。単なる移動の手段ではなく、列車で過ごす空間や時間を楽しむしかけはできないか。「外から観光客を呼び込む起爆剤にできる」との確信があった。

 社長就任から1年ほど。リーマンショックの余波がまだ残るなか、20人ほどが集まった本社の幹部会議で、唐池は初めて「豪華列車計画を進めたい」と提案した。30億円の投資額に対し、計画での売上高は年5億円に届かないという。

 利益も運行開始から10年平均で、年1500万円。手間ひまをかけるのに、採算性は低い。「こんな高い列車に乗る人がいるのか」。幹部たちは慎重論を述べ、会長で前社長の石原進も不安を口にする。

 ほどなくして開かれた再会議。唐池は、首都圏が基盤の大手百貨店が分析したデータを手に「国内だけで、100万円単位の買い物を気軽にする層が100万人以上いる。必ずうまくいく」と断言した。

posted by toyoharu at 21:24 | 埼玉 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スーパーコピーオーデマピゲ代引き専門店,【人気N级品】オーデマピゲコピー | Jpproshop111.comスーパーコピーオーデマピゲのは殻と表zhuoを表してすべて18K金あるいはプラチナの鋳造を使って、表面は貴重な青い金石、サンゴの石、真珠の雌、とらめ石、瑪瑙などの彫刻成を選択して使用して、効果は華麗でまばゆくて、感嘆させられて、それら成目だけではない、感嘆させられて、それらは伯爵の時計の標識になるだけではなくて、その上世界で豪華な時計のシンボルになります。スーパーコピーオーデマピゲ
Posted by スーパーコピーオーデマピゲ at 2014年04月19日 17:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377711057
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
fx
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。