2010年08月12日

密室で決まった首相談話

 今日は以下の記事を抜粋して紹介します。重要なのlは将来、どういう関係を築いていくかということであって、100年前の条約が違法・無効だと議論することにどれだけの意義があるのか、私には良く分かりません。
 政府側が民主党サイドに「首相談話を10日に閣議決定」との方針を伝えたのは9日午後。福山官房副長官が党政調幹部を国会内に集め、談話の骨子を説明した。一部の出席者は「いつまで謝罪を続けるのか」と反対論を唱えたが、首相は黙殺するように側近議員と首相公邸にこもり、密かに文案を練り続けた。
 こうして作成された談話は10日午前の閣議に諮られ、全閣僚が署名した。ただ、民主党政調会長でもある玄葉行政刷新担当相は閣僚懇談会で敢えて苦言を呈した。
 「すべての段取りができあがって『こういう風に』と言われても大きな変更はできない。今後は早い段階で相談して欲しい」
 首相談話の内容に驚いたのは民主党議員だけではない。ある外務省幹部は「官邸にだまし討ちされた」と憤る。
 元々、外務省は今回の談話に重大な懸念を持っていた。補償問題は昭和40年の日韓基本条約によって「完全かつ最終的」に解決済みというのが、日本政府の一貫した立場だが、仙谷官房長官が新たな補償に前向きな姿勢を示していたからだ。
 外務省側は仙谷氏らに新たな謝罪・補償には応じないよう、ご説明を繰り返した。官邸側は「参考にさせてもらう」と返答してきた。安心した外務省は7月21日、文化財等の韓国への引き渡しを「検討している事実はない」(児玉外務報道官)とする公式見解を出したが、結果は違った。
 今回の談話には、韓国政府への過剰な配慮も見え隠れする。
 日韓併合100年に合わせた談話ならば、併合条約が発効した8月29日や終戦の日8月15日の方がふさわしい。だが、政権にとっては8月15日より前の談話発表が絶対条件だった。8月15日は韓国にとって植民地支配から解放された光復節にあたり、大統領が国民に演説するのが通例だ。今年は併合100年の節目であり、韓国国民の期待は例年に増して高いという。
 李大統領は10日、菅首相との電話会談で「真心のこもった談話だ」と称賛した。菅談話は当然、大統領演説で取り上げられるだろう。菅首相が談話発表を急いだ理由はここにあるのではないか。
 菅談話で韓国国民が最も留飲を下げたのは、次のくだりだろう。
 「当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました」
 日韓併合をめぐっては、その出発点となる併合条約の合法性に関し、両国で見解が対立している。日本の立場は「(条約は)両者の完全な意思、平等な立場において締結された」(昭和40年、佐藤首相答弁)という合法論で、これを歴代政権が引き継いできた。
 菅談話の先の言葉は、朝鮮半島統治の「違法性」に踏み込み、併合条約の「無効性」を認めかねない危険をはらむ。これは村山談話にも無かった内容だ。
 「国民の意見を反映した民主主義。私の言葉で言えば『参加型の民主主義』がこのねじれ国会という天の配剤の中で誕生しつつあるのではないか」
 首相は記者会見でこう語り、胸を張った。だが、言葉とは裏腹に、談話策定の経緯を追うと「密室政治」の到来を予感させる。
posted by toyoharu at 00:33 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159174520
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

菅談話 反対
Excerpt: 菅談話など我々日本国民は絶対に認めません。 あれは菅が勝手に言おうとしているだ... 菅談話など我々日本国民は絶対に認めません。 あれは菅が勝手に言おうとしているだけ。 我々、日本人は謝罪などす..
Weblog: 話題になったニュース集めました
Tracked: 2010-08-12 11:36
fx
アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。