2014年12月08日

「度重なる失敗乗り越えた」 3氏がノーベル賞記念講演

 今日は、朝日新聞から以下の記事を紹介します。
------------------
 8日、ノーベル賞の授賞式を前にストックホルム大学で記念講演をした、赤崎勇さん(85)と天野浩さん(54)、中村修二さん(60)。3人は当時青色LEDの素材に使うには難しいとされた窒化ガリウムで開発できると信じ、実験を続けたことが成功につながったと語った。

 青いネクタイを締めて登場した赤崎さんは冒頭、「私の名前は赤崎。赤は『red』を意味しますが、今日は青色の光について話します」と語り、会場をなごませた。その後、窒化ガリウムのきれいな結晶づくりの困難さや工夫を紹介。1985年に天野さんらがきれいな結晶を作りあげた時を振り返った。「度重なる失敗を乗り越えて最適な条件を見つけ出した、天野君の執念のたまもの。理想的な結晶を目にしたときの感動は、今も忘れることができない」と語った。

 赤崎さんに続き、天野さんがトレードマークのポーチを腰につけて登場。「師匠」の赤崎さんと82年から研究に取り組んだことを語った。自分なら簡単にできるという「勘違い」から研究が始まったと話し、会場は笑いに包まれた。結晶作りに何度も失敗。古い機械で温度が上がらない状態で実験したところ、期せずしてきれいな結晶ができたという。「あまりにもきれいで、材料を流し忘れたと思った」と話した。

 さらに、東日本大震災後、国内の全原発が停止している日本の厳しいエネルギー事情にLEDが大きく貢献できると説明。「太陽光発電とバッテリーがあれば使える。インフラがない場所でも、子供たちが本を読んだり勉強したりするための明かりが広がればうれしい」と話した。

 最後に講演した中村さんは、窒化ガリウムを青色LEDの材料に選ぶ研究者はほとんどいなかったと研究開発を始めたころの事情を披露。日本の学会で、別の材料をテーマにした会場には500人ほどの聴衆がいたのに対し、窒化ガリウムの発表を聴いていたのは「赤崎先生、天野先生の他には私ぐらいだった」と語り、会場を沸かせた。

 「米国ではLEDで2030年までに40%の電力削減が図れる」と、LEDの省エネぶりをアピール。しかし、LEDは大きな電力を投入すると効率が悪くなる特性があるといい、「今後はより高効率化が可能なレーザー半導体の照明の時代が来るだろう」と述べた。
posted by toyoharu at 21:41 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
fx
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。