2014年12月02日

菅原文太さんの膀胱がん治療体験に学ぶ〜がん治療も自分で選ぶ時代に〜

 今日は、がんサポートというサイトから、亡くなられた菅原文太さんの以下の2年前の対談記事を抜粋して紹介します。
------------------
 菅原文太さんは膀胱がんを発症し膀胱全摘を覚悟した。しかし、人工膀胱の袋を見た文太さんは……。幸運な出会いの末、膀胱温存療法に辿り着く。そんな文太さんの貴重な体験を踏まえ日本のがん医療が抱えている問題点について東大准教授の中川恵一さんと語り合った。

中川 文太さんが膀胱がんに罹って筑波大付属病院泌尿器科の赤座英之先生(現東大先端科学研究センター)のもとで膀胱を温存する治療を始められたのが2007年4月ですよね。約3カ月入院されて無事、退院された。それから5年以上経った訳ですね。がんというのは5年間再発しなければほぼ治ったと考えていいですね。ただ文太さんみたいに袋を着けないで膀胱がんを治された方は本当に少ないですよ。

菅原 こんな良い治療がどうしてなのかね。外国でもそう?
中川 そうですね。手術が圧倒的に多いです。泌尿器科の先生って外科の先生ですよね。外科の先生の仕事は手術することです。だから、赤座先生は例外中の例外の先生です。文太さんのようなステージ2の膀胱がんの場合、赤座先生の見立てによると大体、半分ぐらいは温存できると言われていましたね。そのことがあまり知られていないんですよね。だから今日の主旨は臓器の温存、あるいは治療法の選択の可能性を患者さんに知って頂きたいという点にあるんです。

中川 文太さんがそもそも私のところにセカンドオピニオンを求めに来られたのは2007年3月。その時はがん研有明病院で手術をすることを決めてらっしゃったんですよね。でも、そうすると人工膀胱になる。それが嫌だとおっしゃっていましたよね。
菅原 誰だって躊躇すると思うよ。だって、人工膀胱ってコンビニの袋と変わらないじゃない。もう少し精密なものだと思っていたから。ただ袋に糊を付けてぶら下げるだけのものなんて医療にも遅れているジャンルがあるんだな、とガックリきました。そんな袋を付けて生き延びたとしても「そんな暮らしは楽しくないな」と思ったね。どうにも釈然としないので私の番組でご一緒した鎌田實先生に相談したんですよ。親切な先生でね、2〜3日経って返事があった。10人ぐらいの先生に打診してくれたらしい。そしたら「9人までの先生は切るしかないと言っているが、1人の先生だけがどうなるか分からないけど来てみてください」という医者がいる、という話だった。そのたった1人の先生が中川先生だった。

中川 文太さんの場合、標準治療であれば膀胱全摘です。でも「袋をぶら下げて生きていたくない」というお話を伺ってそれなら陽子線治療がいいのではないかと当時、筑波大学泌尿器科にいらした赤座先生をご紹介させてもらいました。
中川 文太さんは筑波大に約3カ月間入院して温存療法の治療を受けられました。抗がん剤を足の動脈から患部に直接注入する動注化学療法を3クール、それと併せて放射線を23回照射、それが終わって最後の仕上げに陽子線を照射する治療です。X線は光なのでがん細胞を照射しても突き抜けて他の部分にも当たるので副作用が出ることが多い。ところが陽子線は質量があるのでがん細胞のところで止まるので副作用が出にくいんです。

中川 文太さんが逡巡された人工膀胱を始め、人工肛門にしてもがんのサポート的な役割を果たす日常の身の回りのものはみんな荒々しいですよね。がんになった人にはきめ細やかなものがいらないとでも思っているんですかねぇ。日本ではともかく治癒が第一で、みすぼらしい袋が着いていようが寝たきりになろうが、極端なことをいえば生きてればいいじゃないかという考えですからね。
菅原 人工膀胱がもう少し納得いくような仕組みだったら手術を受けていたかも知れないな。トイレに行ってオシッコしたら全部外して新しい袋に入れ替えなければいけない。それじゃ外出するのに替えの袋を3つも4つも持っていかなければいけないなんて考えるとますますガックリくるよ。なんか患者側の気持ちに立つという大事な点が抜け落ちているよね。

中川 僕は27年間、がんの医者をやってきましたけど日本って臓器の温存に対して一番消極的な国なんですよ。
菅原 それは何でなの?
中川 いろんな理由があるでしょうが、外科医が多いということでしょうね。外科医が10万人に対して放射線治療医は1千名ぐらいですから。

 日本ではがんと診断されたら外科に行きますからね。こんな国は先進国では日本だけですよ。胃がんが多かったですから。とにかく胃がんは切る。胃がんは王貞治さんみたいに全摘するならともかく、部分切除なら体にあんまり影響ないですからね。それで今日までずっと来たんです。

 例えば現在、食道がんの治療は圧倒的に手術です。しかし私が食道がんになったら化学放射線療法をやります。それは食道がんの手術をすると体が受けるダメージがもの凄く大きいからです。ところが放射線と抗がん剤を併用すると手術と遜色ありません。ダメージも少なくて済みます。

 また、子宮頸がん、これを日本で治療すれば8割近く手術です。でも欧米なら8割近く放射線です。まったく手術と同じ治癒率です。前立腺がんも手術と放射線では同じ治癒率です。だから患者さん側が治療法を選ぶ、あるいは比較するということをしなくてはいけません。まさに文太さんはそうされた訳です。

 これからはがん治療も自分で選ぶ時代にならなくてはいけません。自身でがん治療を選択された文太さんに機会があれば是非ともご自身の体験を彼らに話してあげてください。
菅原 自分の体験したことがみんなの役に立つなら積極的に協力したいね。
posted by toyoharu at 22:15 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
fx
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。