2014年04月30日

オバマ来日、最大の敗者は韓国大統領だった

  今日は、JBpressから以下のコラムを抜粋して紹介します。
------------------
  先週のハイライトは何と言ってもオバマ大統領の国賓訪日だろう。米大統領訪日となれば議論はその成果に集中する。されば今回はオバマ大統領訪日の勝者と敗者について考えてみたい。

  最大公約数的な評価は、安倍首相が安全保障面で望むものをほぼすべて得たのに対し、オバマ大統領にとってTPP・貿易交渉面での成果は必ずしも十分でなかった、といったところだろうか。筆者はこうした表面的な分析を好まない。

  先ずはオバマ大統領の実際の発言を検証してみよう。以下は共同記者会見で同大統領が尖閣諸島と日米安保条約などについて述べた部分だ。微妙なニュアンスを理解していただくためにも、ここは英語を正文とし、筆者の責任で仮訳を付けさせていただいた。

  Our treaty commitment to Japan's security is absolute, and Article 5 covers all territories under Japan's administration, including the Senkaku Islands.(日本の安全保障に対する米国のコミットメントは絶対的であり、[日米安保条約]第5条は尖閣諸島を含む日本の施政権下にあるすべての領域を対象としている)

  We don't take a position on final sovereignty determinations with respect to Senkakus, but historically they have been administered by Japan and we do not believe that they should be subject to change unilaterally.(米国は尖閣諸島に関する最終的主権問題の決定に関する立場を取らないが、歴史的に尖閣諸島は日本の施政権下にあり、米国としてはこれを一方的に変更すべきではないと考える)

  This is not a new position, this is a consistent one. There's no shift in position. There's no "red line" that's been drawn. We're simply applying the treaty.(これは新たな立場ではなく、米国の立場は一貫している。米国の立場に変更はなく、これで「[武力行使を示唆するような]レッドライン」が引かれることはない。米国は単に条約を適用しているのである)

  At the same time, as I've said directly to the Prime Minister that it would be a profound mistake to continue to see escalation around this issue rather than dialogue and confidence-building measures between Japan and China. And we're going to do everything we can to encourage that diplomatically.(同時に、この問題を巡り日中間で、対話や信頼醸成措置ではなく、[緊張]のエスカレーションが続くことは重大な誤りであり、このことは安倍首相にも直接伝えている。米国はこうした動きを外交的に全力で慫慂していく)

  安倍首相は必ずしも勝者ではない。オバマ大統領が確認したことは1960年日米安保条約の内容に過ぎないからだ。日本の関係者が内心望んだのは中国が真に恐れる米国の明確な軍事介入約束だったろうが、米国がそこまで踏み込むことは当面ないだろう。

  一方、安倍首相は敗者でもなかった。TPP貿易交渉について、米国が望むような「原則合意」に追い込まれることはなかったからだ。それではオバマ大統領はどうか。TPPについては上記の通りであり、オバマ大統領は勝者にはなれなかった。

  それでは敗者は中国だったのかというと、必ずしもそうではない。相変わらず中国外交部の報道官は激しく反発しているが、中国の最高レベルの政治指導者はそれほどナイーブではないだろう。万一尖閣有事が発生した際、米国の来援は恐らく中国側の軍事戦略や作戦計画に既に織り込み済みだと思う。

  それでは真の敗者はだれなのか。敗者は韓国政府かもしれない。これまで朴槿惠大統領は日本の「歴史認識」や安倍首相の「靖国参拝」などを口実に日米韓、特に安全保障分野での日韓関係の深化に一貫して消極的だった。だが、今やオバマ大統領が日本との安保関係をこれほど重視する以上、今後とも日韓関係改善に向けた米国の韓国に対する働きかけが続くと見るべきだろう。
posted by toyoharu at 20:52 | 埼玉 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

有機野菜のネット通販オイシックス、リアルに成長

  今日は、オイシックスの高島宏平社長のコラムを抜粋して紹介します。
------------------
  難しいとされる有機野菜を中心にした生鮮食品のインターネット通販で業容を拡大するオイシックス。創業者の高島社長は東大工学系大学院修了後、大手コンサルタント会社マッキンゼーを経て、独立に踏み切った。生産農家の開拓を初め、仕入れから物流、販売、資金繰りと難題だらけだったが、4年目に黒字化。今、国内市場は競争が激化しつつあるが、潜在市場規模を10倍と見る一方、海外進出も視野に入れ、社員一丸、パワフルに成長を見込む。

 有機野菜など生鮮食品のネット通販で順調に業績を伸ばしていますが、難しいとされたこの分野に出たのはどういう理由からですか?
「私自身はマッキンゼー日本支社に勤めていたのですが、大学院時代に立ち上げたIT関係の会社があって、毎週末、仲間と集まって新しい事業計画を話し合ったりしていました。そこで、それまで物流の問題など難問がいくつもあって、誰も実現したことがなかった生鮮食品のネット通販をやってみようという話になり、事業計画がどんどん完成に向かっていった。仲間を呼び集めたのが私自身ということもあり、マッキンゼーを辞めて合流したのです」

 事業は順調にいったのですか?
「もちろん、次々と難問が降ってきました。設立2年目に配送を委託していた物流センターが業務を停止する事態が発生したのが最大ですが、他にも資金繰りを含めてつらい思いをすることが多く、途中から意図的に楽しく経営課題に向き合おう、自分で選んだ道なのだからと思うようにしました。でないとストレスがたまり、健康にも良くないですから」

 事業として、やっていけるめどが立ったのは何年目ぐらいですか?
「手応えは2〜3カ月目にありました。継続的に購買してくれるお客さまがポツポツと現れてきて、我々がやっていることは社会に必要なサービスなのだなと感じられたこと。しかし事業として黒字化するには3年目の12月までかかりました。ようやくこの月に単月黒字になり、4年目に年度ベースで黒字を達成できました。これで今後、事業としてやっていけると確信を持てましたね」

  大手流通の参入などで競争が激化する中、ここへ来て逆にリアルの分野へ進出していますが?
「ITを用いて、有機野菜など質の高い食品を利便性を持って、多くの人が手に入るようにしたいと考えてこのビジネスを始めたのですが、十数年経ってみると、ITではリーチできない方が60代、70代を中心にたくさんおられることが分かったのです。この年代層は健康に関心が高く、有機野菜などにも関心を持つ人が少なくなく、ヘビーなお客さまになる可能性が高い。それで実験的に恵比寿を手始めに小型店を出し、今年1月には本来出したかった中型店を吉祥寺に開いたのです」

 残された次の大きな課題は海外進出ですが?
「既に香港でネット通販を開始し、まだ規模は小さいですが、伸び率はとても高い。香港進出は将来、他の国に進出するためのトライアル。とはいえ、国内市場が現在の10倍のオポチュニティ(開拓可能性)を有するとみていますので、タイミング的にも、プライオリティ(優先度)から言っても、まず国内で当社の存在感を十分に示してからということになります」

posted by toyoharu at 22:08 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

薬剤師国家試験の合格率が大幅に低下

  今日は、日経メディカルから以下のコラムを抜粋して紹介します。
------------------
  2014年3月に実際された第99回薬剤師国家試験の結果が大きな波紋を広げている。薬学教育6年制の初めての卒業生が受験した2012年に88.31%、2年目の2013年には79.10%だった合格率が、3年目の今年は60.84%にまで大きく低下した。6年制への切り替えで新卒の受験者がほとんどいなかった10年、11年を除いて、20年来最悪の数字だ。

  合格者の実数としても、12年の8641人、13年の8929人に対して、14年は7312人と、大幅に減少。薬局やドラッグストア、病院などでは内定者が不合格になるケースが相次ぎ、人員配置の見直しを迫られたり、新規出店を断念せざるを得なくなったりしている事例も少なくない。

  なぜここまで合格率が下がったのか。国会議員の質問に政府が用意した答弁には、「過去2回の試験で不合格だった既卒者の割合が増えたこと等が考えられる」とあるが、6年制新卒者の合格率も12年の95.33%、13年の85.09%に対して、14年は70.49%と大幅に低下しており、既卒者の増加だけでは説明が付かない。

  だが、大学の開設者別の合格率を見ると、少し違った情景が見えてくる。14年の国立大の合格率は前年比11.25%減の69.95%、公立大の合格率は同13.08%減の70.98%であるのに対して、私立大の合格率は同18.05%も減少して60.84%となった。

  これを例えば4年制教育の最後の年である09年の合格率と比較すると、国立大は68.06%、公立大は71.96%だったので、14年と大きな違いはないが、私立大は75.32%から大幅に低下していることが分かる。合格率は年によって多少増減するものの、4年制時代は国公立大学より私立大学の方が高い傾向にあった。つまり、私立大の合格率が4年制時代に比べて大幅に低下したことが、全体の合格率を押し下げる主因になっているのである。

  この時期に大学で起こったのは、薬学部・薬科大の新設ラッシュだ。薬学部・薬科大は46校の時代が長く続いていたが、03年に20年ぶりに2校が学部を新設したのを皮切りに私立で新設が相次ぎ、現在は73校にまで増加している。だが急速な膨張は多くの大学で定員割れを引き起こし、質の低下が懸念される事態となっていた。それを考えると今回の合格率低下は起こるべくして起こった事態といえるかもしれない。

  ちなみに、14年の合格率を大学別に見ると、最高の92.50%から最低の13.22%まで大きく乖離しており、合格率が50%未満の大学が16校あった。また、14年の新卒合格者数を08年の入学者数で割って「新卒者合格率」を計算してみると、50%を切る(つまり2人に1人も資格を取れない)大学が29校あり、うち3校は20%未満だった(つまり5人に1人も資格を取れない)。このような、ギャンブルのような確率でしか資格を取らせることができない大学を、果たして教育機関と言っていいのだろうか。
posted by toyoharu at 22:48 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

体質も変える腸内細菌

  今日は、日経から以下のコラムを抜粋して紹介します。
------------------
  腸の中にはビフィズス菌、乳酸菌など無数の細菌がすみついていて、私たちの健康に大きな影響を与えている。お通じ対策はもちろん、最近では美肌やダイエットにも「腸内細菌の改善を」と言われるほどだ。そこで、腸内細菌の実像を探っていこう。ガイドは、日本の腸内細菌研究の第一人者、理研の辨野義己(べんのよしみ)さん。

  先ず、腸内細菌ってどのくらいいるのだろう?
「10年ほど前までは、1人の腸の中に100兆個といわれていました。でも今ではその5〜10倍、500兆〜1000兆個はいると考えられています」

  ちょっと待って。いきなりえらく増えたけれど、何が変わったのですか?
「以前は、ウンチを培養して調べていたんです。でもその後、腸内細菌の80%以上は培養しても生きられないとわかりました。腸の中は無酸素状態。外界では育たない菌が多いのです」 辨野さんによると、培養せずに便の中から細菌の遺伝子を同定する方法が確立されたため、近年、新しい菌がどんどん見つかっているという。

  ちなみに人体の細胞総数は60兆個。これでも大変な数だが、腸内の細菌数はこれより1ケタ以上多い訳で、菌の種類も以前は100種類程度と言われていたが、今では500〜1000種と見積もられている。

  菌は、腸のどこにすみついているのだろう?
「腸の内視鏡写真で粘膜がヌメッとしていますね。あのねばねばが菌のすみか。菌の総量は1人分で1.5キロほどです」  この重さは肝臓とほぼ同じ。肝臓は、数百〜数千種類の化学反応を行っていると言われるが、腸内細菌も全部で1000種類もいる訳で、同じぐらい多種類の働きをしている可能性が高い。つまり腸内細菌は、肝臓に匹敵する体内最大級の“臓器”なのである。

  菌の食べ物は、腸内を進んでくる消化物。菌ごとに好みが決まっていて、特定の菌はほぼ特定の成分を食べる。その菌の排泄物は別の菌の食べ物になる。その排泄物をまた別の菌が食べ、それをまた次といった具合に、1000種の菌は食べ物の連鎖でつながっている。

  連鎖の過程で発生する成分の一部が腸から吸収されて、体の健康に影響を与える。良い影響なら「善玉菌」、悪い影響なら「悪玉菌」と呼ばれる。 「この他、“日和見菌”と呼ばれるグループもいます」。日和見菌はその名の通り大勢に流れる性質の一群で、善玉菌が強いときはおとなしいが、悪玉菌が強くなると一緒になって悪さをし始める。数の上ではこれがもっとも多く、全体の約7割を占める。

  菌のバランスは、代謝や免疫といった体の機能に大きな影響を与える。「例えば肥満の人には、特定の菌が多いことがわかってきました。“太りやすい体質”が、腸内細菌に左右されている可能性があるのです」

  遺伝子によって決まる体質と違い、腸内細菌は流動的。食べ物などによってバランスが大きく動く。つまり、体質が変化する。ここが、肝臓のような内臓との違いだ。ヨーグルトや納豆を食べる意味もここにある。

  「たくさんの人の腸内細菌を調べてデータベース化すれば、菌の種類と病気の関係がわかる。菌を制御して病気を防ぐ方法も見えるはず」。そんな「腸内細菌プロファイル」の構築を目指して、辨野さんは今日も便のサンプルを調べている。
posted by toyoharu at 20:37 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

絹の街「世界の宝」に 地元の富岡、世界遺産へ喜びと責任感

  今日は、日経から以下のコラムを抜粋して紹介します。
------------------
  明治時代に日本の近代化を支えた群馬県の富岡製糸場が、世界遺産の仲間入りを果たす見通しとなった。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が登録を勧告。保存活動を続けてきた地元市民らは26日、「かつてのにぎわいが戻るのでは」との歓迎の声をあげ、絹の街は歓喜に包まれた。

  「世界の宝を持つ者として恥ずかしくない街にしていかなければ」。世界遺産登録への活動に長年取り組んできたNPO法人「富岡製糸場を愛する会」理事長の高橋伸二さん(73)は喜びもつかの間、今後の街づくりを見据えて気を引き締めた。

  地元の関心がまだ低かった20年以上前から製糸場の価値を訴え続けた高橋さん。2003年に世界遺産登録に向けた県のプロジェクトが発足。思いを同じくするNPO法人のメンバーも1400人を超えるほどまで広がった。ただ寂れた街にかつての活気を呼び戻すには「行政と市民が今まで以上に力を結集する必要がある」と力を込める。

  群馬県の大沢正明知事も記者会見し、「本当に良かった。多くの関係者に支えられ、県民の大きな応援が実を結んだ」と強調した。今後多数の見学者が予想されることについては「おもてなしの気持ちで対応したい」と話し、「建物の保全をしっかりやっていきたい」と語った。

  町の活性化に期待を寄せる地元住民らからは歓迎の声があがった。「未来が開けてきた。うれしくて一睡もできなかった」と話すのは、明治時代から続いた老舗旅館の元女将、太田とよ子さん(76)。かつては商社マンや技師らの宿泊客でにぎわったが、製糸場が操業を停止した1987年以降は客足が細り、今年2月に母屋を取り壊した。

  今後は敷地を駐車場に造り替える計画を立てているという。現在は飲食店を営んでおり、「世界中の観光客をおもてなししたい」と喜ぶ。

  製糸場のそばで飲食店を営む早水浩司さん(51)は「長年の悲願がかなった」と声を弾ませる。朗報が入ったこの日は早速、観光に訪れる客足増を見込み、早朝から県の名物の麺料理「おっきりこみ」の仕込みに取りかかったといい、「もっともっと頑張って町を盛り上げていきたい」と意気込んだ。
posted by toyoharu at 15:44 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
fx
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。