2014年02月28日

浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態

  今日は週刊誌ネタではありますが、以下の記事を紹介します、アルメニアは財政難で使用可能なリンクがなく、国内のフィギュア選手達は湖のリンクで年に3〜4ヶ月練習できるだけだそうです。
------------------
  自己ベストをマークした舞いに、「これが自分がやろうと思っていたこと」と、演技終了直後に頬を濡らした浅田真央。敗れてなお、多くのファンの記憶に残る伝説を作った。その陰で、ソチへの最終調整の場に関して、浅田側とスケート連盟は揉めに揉めていた。

 「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」と、佐藤信夫コーチ(72)は、スケート連盟幹部に練習拠点の中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。だが連盟は、ソチへ移動が数時間でできる隣国アルメニアのリンクを確保していた。

 そこで、浅田側と連盟の“対立”の間に、第三案として浮上したのが、浅田の振付を担当するタラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ、リプニツカヤらと一緒にモスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案だった。

 しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。結局、浅田は連盟に押し切られる形で、渋々アルメニアに向かった。「この決断が最悪だった。アルメニアのリンクの氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。急遽、刃を研ぎ直す必要に迫られた。しかも空調設備が悪く、非常に寒かった。浅田は最終調整どころか、調子を狂わせてソチ入りした」(スポーツ紙記者)

 連盟による“妨害”はこれだけではない。現地の報道関係者を取材すればするほど、それは次から次へと噴出するのだ。「連盟幹部たちは、我々に対しても高圧的。取材させてやっているんだという態度で、少しでも気に食わないことがあれば、『何を書いているんだ』と取材パスを取り上げられた記者も過去にいたほど」(民放関係者)

 それは選手に対しても同様で、今回の男子代表選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことをしていたという。

 「女子選手に直接言わないにしても、そのコーチや関係者などに失礼なことを言うのは日常的。選手をサポートする立場なのに、彼らはそれをせずに何をやっているかといえば、選手村で頻繁に酒盛り。チーム・ジャパンとして機能しているはずがない」(スポーツライター)

 今回、連盟幹部は十数名ソチ入りしているが、はっきりいって遊びに来ているのと同じ、とスポーツライターは続ける。「彼らの遠征費は、浅田らの広告料から多くが出ているが、そのお金で我が世の春を謳歌しているに他ならない。見かねた男子選手やその周辺からは『連盟の誰も信用できない』と、我々に相談をもちかけてきたこともあった」

 五輪前、男女で複数のメダルを目標に掲げながら、選手をサポートできない連盟は猛省どころではすまされない。
posted by toyoharu at 21:47 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

「アンネの日記」事件に関連して

  今日は産経ニュースから以下の記事を紹介します、「ジュンク堂書店」の池袋本店でも「アンネの日記」2冊がそれぞれ約70ページにわたって破られていたことが分かったそうです、一体、誰が何の意図でやっているのか分かりませんが、早く捕まえて欲しいものです。
------------------
  「アンネの日記」や関連書籍が破られているのが相次いで見つかった事件で、東京都立中央図書館(港区)に、「寄贈」とみられる関連本が届けられていたことが25日、分かった。

  同館によると、24日午前に段ボール箱2箱が業者によって届けられ、25日に中身を確認したところ、計100冊以上の「アンネの日記」や関連書籍が入っていた。24日中には、荷物の伝票に記されていたのと同じ名字を名乗る人から「本を寄贈しました。段ボール箱は届きましたか」という電話が同館にあった。この人は「今回の被害にあった図書館向けにお使いください」と申し出たという。

  同館は「本の送り主と電話をした人は同一人物の可能性が高いと思うが、寄贈かどうかを確かめないと次の対応ができない。まず送り主の特定を急ぎたい」と話している。

  都立中央図書館では現時点で被害は確認されていないが、今回被害のあった都内の公立図書館などが所属する「東京都図書館協会」の事務局になっている。

------------------
  東京都内の公立図書館などで「アンネの日記」や関連書籍が破られているのが大量に見つかった事件で、イスラエル大使館が被害に遭った図書館に対し、計300冊を寄贈すると申し出ていることが25日、分かった。申し出を受けた杉並区が明らかにした。

  被害に遭った図書館のうち、最も冊数の多かった杉並区が代表して受け取るという。27日に駐日イスラエル公使らが田中良区長に手渡す予定。

  イスラエル大使館は声明で「事件に対して寄せられた心配と思いやりに深く感銘を受けている。彼女の日記はホロコーストとそれをめぐる人道的見解への理解を深めることに役立つものだ」とした上で、実行者の処罰を求めた。

  図書館や自治体への取材では、東京都内の少なくとも5区3市の38館、計300冊余りが破られたほか、横浜市内の図書館でも被害が確認されている。警視庁捜査1課は、器物損壊と建造物侵入の疑いで捜査している。
posted by toyoharu at 22:46 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

パナソニック株急伸、家電株で「一人勝ち」の様相強まる

 今日は日経から以下の記事を紹介します。
------------------
 東京市場全体に材料難ムードが強まる中、26日に気を吐いたのが急伸したパナソニック株。米国で電気自動車(EV)向け電池工場を建設すると伝わり、業績貢献を期待した買いが入った。テレビ事業の不振で巨額赤字に陥った状況から一転。成長分野にかじを切る点を再評価する声が増えている。かつては全社が負け組とされた家電株のなかで「一人勝ち」の様相が強まってきた。

 パナソニック株は朝方から買い気配で始まり、一時は前日比7%高を付けた。買い一巡後も高値圏で推移し、5%高と4日続伸して取引を終えた。売買代金も前日から4倍近くに膨らみ、東証1部銘柄のなかではソフトバンクに次ぐ2位。ある欧州系証券の株式トレーダーは「買い持ち高を積み増す海外年金など、中長期マネーの流入が目立っていた」と話す。

 米EVメーカーのテスラ・モーターズと共同でEV向け電池工場を建設すると伝わり、好感された。稼働は2017年と先だが、メリルリンチ日本証券の片山栄一調査部長は26日付のリポートで「共同投資が実現すればテスラとの関係がさらに強固となる公算が大きい」と指摘する。25日の米国株式市場ではテスラが14%高と急伸し、約1カ月ぶりの高い上昇率となった。

 パナソニックは半導体やプラズマテレビといったエレクトロニクス事業の不振などから、13年3月期まで2期連続で7000億円を超える最終赤字を計上した。ただ、相次ぐリストラなどの構造改革が進展。住宅と並ぶ成長の柱と位置付ける自動車向け事業を積極拡大しており、市場では「得意分野に特化して成長するというシナリオが描きやすくなった」(国内大手投信)との声が聞かれた。業績改善は目に見えて進み、26日は今期の期末配当を8円に復配すると発表。27日の株式市場で好感される可能性がある。

 極東証券経済研究所の佐藤俊郎取締役主席アナリストは「成長分野に大胆に軸足を移し切れていないソニーとの差が出始めている」と指摘する。かつて同じ悩みを抱えていたはずのパナソニックとソニーだが、評価が二極化している。昨年10月末の株価と比較すると、パナソニックが28%高なのに対しソニーは6%安にとどまる。

 シャープを含めた家電3社のなかで同社の「一人勝ち」とも見えるが、まだ残された課題は多い。30万人近い従業員を抱えるなど「切り込む余地は大きい」(国内証券アナリスト)との声もある。自動車向け事業もデンソーなど他社との競合が今後厳しくなってくるとの警戒感もあり、市場では「テスラとの協働でどれだけ利益が出るか未知数。一段と保有株を増やすつもりはない」(国内投資顧問)との冷静な見方もある。期待先行で買われ、投資指標面での割高さを指摘する声も増え始めた。来期業績見通しなどでどれだけ投資家の期待に応えられるかが一段高のカギを握りそうだ。
posted by toyoharu at 22:27 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

真央会見の一問一答

  今日は朝日新聞から浅田真央選手の日本外国特派員協会での会見の主なやりとりを紹介します。
------------------
  「最終的には目標としている演技ができました。メダルを日本に持って帰ってこられなかったことは、今でもとても残念ですし、悔しい気持ちでいっぱいです」

  キムヨナさんと浅田さんは昔からライバルで、尊敬しあっていると思う。日本と韓国という国も昔からライバル関係であると思うが、国同士の関係をどう思うか?

  「私から何か言うことはできないと思います。でも私とキムヨナ選手はずっと小さい頃からライバルとして、たくさんのメディアの方に注目されてきましたが、リンクを離れれば普通にお話をしたりとか、普通の選手と友達のような関係だと思っている」

 フリーの演技前、演技中、演技後、それと涙を流した時の心境は?

 「前日のショートで自分の気持ちもどん底まで落ち込んでしまっていた。そこからのフリーだったので、自分もすごく不安や恐怖心もあったんですけど、それを乗り越えての自分の最高の出来だったので、ほっとしたのとうれしさのあまり、自分でも本当に最高の気持ちになった。本当は笑顔がよかったんですけど、前日の気持ちもまだ消えた訳ではなかったので、ちょっと泣いてしまいました」

 アラビア語で「アサダ」というのは雌のライオンのことです。アラブ世界ではスケートがなくて、転んでいるのをテレビで見ていると痛そうだし、大きなけがをしているように見える。転んだらどうなんですか?

 「自分が転ぶと思って転ぶ時はまったく痛くないんですけど、自分で転ばないと思った時に突然転ぶと、めちゃくちゃ痛いです」

 ソチ五輪で何を学んだのか。来シーズン続けられる可能性は何パーセントか?

 「私はこの五輪で本当に悔しかったり、最高の気持ちだったり、いろんな気持ちを味わった。今まで以上にすごく充実した試合だった。強い意思を持ってあきらめなければ、自分の目指しているものができるんだなというのは、また改めて強く感じることができた。そして今後のスケートの選手については、一応まだもう1つ試合が残っているので、世界選手権でショートもフリーも両方そろえられるようにして、その後のショーで全国の皆さんに感謝の滑りをして、それから自分でしっかり落ち着いて考えたいなと思う」

 そのパーセンテージの質問には答えていただけないですか?

 「パーセンテージで? どうですかね。(苦笑い)うーん、今のところハーフ、ハーフくらい」

 森さんからのコメントについて驚きましたか?

 「はい。もう終わったことなので、何とも思っていないですけど、でも聞いたときは『あ、そうなんだ』って思いました」

 五輪選手として、森さんの発言は適していたと思いますか?

 「私自身、それを聞いた時は終わった後だったので、『そんなこと言ってたんだ』と思っていたんですけど、人間なのでそれは失敗することもある。自分も失敗したくて失敗している訳じゃない。それはちょっと違うのかなという風には思ったんですけど、森さんはそういう風に思ったのではないかなと思いました」

 5年間、会長を務めていただく森元首相に日本人は耐えられると思いますか?

 「私は別に何とも思っていないですけど、たぶん森さんはいま少し、ちょっと後悔しているのではないかなと思います」
posted by toyoharu at 21:24 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

「俺なら痛み止めを打ってでも出る」

 今日は日経その他から以下のコラムを紹介します、W杯はまだまだ続くのですね。沙羅ちゃんも4年後を目指して再出発です。真央ちゃんも「今シーズンが終わって、やめるにしても、1年休むにしても、佐藤先生との時間は世界選手権でひと区切りになるので寂しい。これまでのように我慢、我慢ではなく、一日一日を楽しもうと思う」と、「復帰を前提とした休養」の可能性を初めて口にしました。
------------------
 ソチ冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒルで銀、団体で銅メダルに輝いた41歳の葛西紀明選手らが20日、成田空港に帰国した。ファンの拍手を浴び、葛西選手は「予想以上の盛り上がり。胸を張って帰ってこられてうれしい」と笑みを浮かべた。

 葛西選手は二つのメダルをファンに差し出して触らせるサービスぶり。指紋がついたメダルを見て「全国民に応援してもらったおかげ。みんなに触ってほしかった」と感謝の言葉を繰り返した。24日にはワールドカップ(W杯)出場のため再び出発の予定。「今夜は焼き肉で、明日は昼と夜にすし。成績が悪かったら食べ過ぎたと思って」とおどけた。

 団体メンバーの伊東大貴選手、清水礼留飛選手、竹内択選手も帰国。試合後に病気を告白した竹内選手は、出迎えた親戚と抱き合い「家族の涙を見ると泣けてくる。心配させたみんなに早くメダルを見せたい」と感慨深げだった。3度目の五輪でメダルを手にした伊東選手は「大会直前にひざをけがして沈んでいたが、葛西さんに『俺なら痛み止めを打ってでも出る』と言われて目が覚めた。次は違う色のメダルを」と穏やかな笑顔。清水選手は「4年後は自分が葛西さんのように引っ張って金を取る」と力強かった。

 24日、成田空港で葛西は「今はW杯総合で3位にいる。五輪の金メダルと同じくらい難しいと言われている総合優勝を目指したい」と意気込んだ。竹内択、清水礼留飛、渡瀬雄太も出発した。

 また、全日本スキー連盟は24日、欧州でのW杯ジャンプ女子の後半戦に、今季13戦10勝で2季連続W杯総合女王を狙うソチ五輪4位の高梨沙羅ら6人を派遣すると発表した。

 ほかのメンバーは五輪代表の伊藤有希のほか、茂野美咲、渡瀬あゆみ、竹田歩佳、岩渕香里。3月1日からルシュノブ(ルーマニア)オスロ(ノルウェー)ファルン(スウェーデン)と転戦し、22日のプラニツァ(スロベニア)が最終戦となる。
posted by toyoharu at 23:02 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
fx
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。