2014年01月31日

羽生結弦、絶望からの復活

  今日は産経ニュースから以下のコラムを抜粋して紹介します。
------------------
 氷上に右手を着き、「ロミオとジュリエット」の曲に合わせてピタリと止めたスピン。一瞬の静寂の後、割れんばかりの歓声に包まれた。昨年12月22日、さいたまスーパーアリーナ。全日本選手権で、19歳になったばかりの羽生結弦が、ソチ五輪出場を確実にした瞬間だった。代表に決まった後のインタビューでは「五輪に向けてしっかりがんばりたい。完璧な演技を目指したい」と気を引き締めた。

 「震災を乗り越えてよくここまで戦ってくれた」。前橋市の自宅で羽生選手の演技を見つめていた群馬県総合スポーツセンターのスケートリンク管理者、新井照生さんは感慨にひたった。

 この時から約2年9カ月前の平成23年3月11日。羽生選手は、新井さんが当時支配人だった地元の仙台市泉区のスケート場「アイスリンク仙台」で練習していた。突如、東日本大震災の激しい揺れに襲われ、施設内は停電に。氷は波打ち、壁一面には大きな「く」の字の亀裂が入った。

 「こんな苦しい思いをしたうえに、スケートで苦しい戦いなんて、もうしなくていいよ」。このときの心境を羽生選手は著書『蒼い炎』(扶桑社)にこう書いた。

 被災時の恐怖心に加え、朝晩欠かさず練習してきた大切な場所を失った喪失感。ソチ五輪に向かって急成長を遂げてきた競技人生は大きく揺さぶられた。リンクは16年12月に経営難で一度閉鎖したことがある。しかし、このリンクで育った荒川静香さんが2年後のトリノ五輪で金メダルを獲得したのを機に、19年3月に再開。

 震災直後は、壁だけを修復すれば復旧できる見通しだったが、震災1カ月後の大きな余震で壁が崩れてコンクリートの塊がリンク上に落ち、氷が溶けてむき出しになっていた冷却用のパイプが破損した。

 新井さんは「マイナスからのスタートになってしまった。もう再開は無理だ」という状況にまで追い込まれた。加えて、月平均で200万円の電気代がかかる運営費。そんな中、リンクに寄せられた多くの声。「羽生選手は大丈夫なの?」「練習はできているのか」。震災後、仙台を離れ、各地を転々としながら練習を続けていた羽生選手を心配するファンからのものだった。

 復興演技会が開催された震災1年の節目の日に、羽生選手は再びリンクに足を踏み入れた。「お帰り」、新井さんは到着した羽生選手に思わず駆け寄った。「またここで滑ってくれる日がくるなんて」。

 羽生選手は著書の印税もこのリンクに寄付。「結果を出して、被災地の力になりたい」と地元への思いを強めているという。2月14日午前0時に始まるショートで、いよいよソチのリンクに立つ。テレビ観戦するという新井さんは「ゆづの五輪での舞は被災地にとってこれ以上ない勇気になる。楽しんで演じてほしい」とエールを送った。
posted by toyoharu at 21:40 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

五輪招致に貢献、佐藤真海さんのキャリアの軌跡

 今日は日経から以下のコラムを抜粋して紹介します。
------------------
 佐藤さんといえば、20年夏季五輪・パラリンピックの開催都市を決めるIOC総会の最終プレゼンでのスピーチが記憶に新しい。はじける笑顔で「私がここにいるのは、スポーツによって救われたからです」と英語で切り出した佐藤さんは、19歳のときの骨肉腫発症に始まる自身の経歴を語り、出身地の気仙沼市が東日本大震災で甚大な被害を受けたことにも触れ、スポーツの力の素晴らしさを語った。実体験を踏まえた力強く前向きなスピーチは日本の底力と復興への前向きな思いを感じさせ、東京開催決定の呼び水となった。

 「今でも人前で話すのは苦手だし、2年前まで英語も話せなかった」。2年で国際舞台での大役を務め上げるまでに成長した陰には、並々ならぬ努力がある。28歳で大学院の社会人コースに入学。日本と海外の障害者スポーツを研究するに当たり、海外の情報収集が必要となり、英語を身に付けようと決意した。仕事と競技、大学院の両立で手一杯な中、朝の身支度中や通勤中、音楽代わりに英語のニュースを聴いた。すき間時間を最大限に活用して毎日英語を浴び、1カ月で単語が、数カ月後にはフレーズが把握できるようになった。海外遠征には個人でエントリーしてひとりで参加。「やるしかない」状況をつくり、他国の選手に交じって練習して積極的に話しかけ、会話力を磨いた。

 何事もサラリとこなしているかに見えるが、秘めたる闘志、強靭な意志、そして陰での努力が佐藤さんをガッチリと支える。どんな困難に直面しても「自分は乗り越えられる」という絶対的な自信と、そこから生まれる行動力が、佐藤さんの強みだ。高い目標を定め、人の何倍もの努力で達成するたびに「自分にはできる」という自己肯定感が強まり、好循環が加速される。その自信は、「今、自分は何をすべきか」を考え、悩み抜くというプロセスにも裏打ちされる。

 仙台育英高校から早稲田大学に進学し、チアリーディングで活躍していた佐藤さんを悲劇が襲ったのは19歳のとき。骨肉腫にかかり、迷う猶予すら与えられないまま抗ガン剤治療を受け、右足を切断した。

 復学したのは大学3年生の秋。義足生活となり、就職活動を始める同級生を横目に「普通に歩けるようになるかすら分からない」状態。中学時代から文武両道を標榜し、目標をクリアしてきた佐藤さんにとって、挫折と呼ぶにはあまりにも酷な試練だった。
そんな失意のどん底から佐藤さんを救ったのは、「神様は乗り越えられない試練は与えない」という母の言葉。そしてもう1つが「スポーツの力」だった。

 退院して復学後、大学内で開催されたサントリーの説明会に何気なく参加。そこで創業者の「やってみなはれ」というチャレンジ精神を知って受験した。エントリーシートに自身の経歴をつづり、「何事にも挑戦する人生を送り続けたい」と締めくくった。04年4月、障害者やスポーツ枠でなく一般社員として入社。

 自分が救われたスポーツとパラリンピックに人生を懸けて恩返ししていきたいという気持ちも強い。「人生の可能性を広げる」ため、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に進学したのは28歳のとき。「日本のパラリンピックの現状調査・分析と海外の障害者スポーツの調査」をテーマに掲げて1年間学んだ。

 「今しかできないことに惜しみなく力を注ぎたい。そして人と違う経験をした私にしか伝えられないことを伝えていきたい」。深い思いを軽やかな笑顔に乗せて、佐藤さんは走り続ける。今日も、明日も。

posted by toyoharu at 23:03 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

30歳女性研究者が新型万能細胞を開発

 今日は産経ニュースから以下のコラムを紹介します。
------------------
 「誰も信じてくれなかったことが、何よりも大変だった」。従来の常識を打ち破る革新的な万能細胞「STAP細胞」を開発した理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)は、成功までの道のりをこう振り返った。

 STAP細胞が打ち破った常識は「動物細胞でも外的刺激で初期化した」「あまりに簡単すぎる技術で実現」など数多い。学位を取得して2年目の若き女性研究者が挙げた成果というのも、その一つだ。

 これほど常識破りだったため、昨年春、世界的に権威ある英科学誌ネイチャーに投稿した際は、「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄していると酷評され、掲載を却下された」。

 だが、「STAP細胞は必ず人の役に立つ技術だ」との信念を貫いて膨大なデータを集め、今回は掲載にこぎつけた。「何度もやめようと思ったけれど、あと1日だけ頑張ろうと続けてきて、いつの間にか今日に至った」と話す。

 昭和58年、千葉県松戸市で生まれた。高校時代にたまたま手に取った科学雑誌の特集記事で「社会に貢献できる」と再生医療に強い興味を持ち、研究者への道を選んだ。早稲田大大学院を平成20年に修了後、ハーバード大医学部に留学。担当教官との議論から始めた実験で、動物細胞を外部刺激で初期化できるのではないかという感触を初めて得た。

 しかし、当時の実験データだけでは証明することができず、周りの研究者からは「きっと間違いだ」と言われた。くやしくて、泣き明かした夜は数知れないという。5年越しの努力で、ついに立証にこぎ着けた。

 STAP細胞の再生医療への応用については、「特定の1つの応用に限るのではなく、数十年後とか100年後の人類社会の貢献を意識して研究を進めたい」と将来を見据える。
 

 「お風呂のときもデートでも四六時中、研究のことを考えていた」というほどの研究の虫。実験で着るのは白衣ではなく、祖母からもらったかっぽう着だ。「おばあちゃんに応援されているような気がするから」と語る。

 実験室の壁はピンク色に塗り替えた。机にはキャラクターが並び「女子」の側面をのぞかせる。研究室にはペットのスッポン。「この子が来てから実験が軌道に乗ったので幸運の亀なんです」と笑顔を見せた。

posted by toyoharu at 22:52 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

韓国ショートトラック界の「皇帝」はいま「ロシアの顔」

  今日は産経ニュースから以下のコラムを紹介します。
------------------
 2月7日に開幕するソチ五輪、ショートトラック男子のロシア代表に、元韓国籍のビクトル・アン(28)が選出された。2006年トリノ五輪に韓国代表として出場し、金メダルを3個獲得した「ショートトラックの皇帝」として知られるが、膝のケガに加え韓国の派閥争いに巻き込まれるなどして不調が続き、代表から落選。再起を目指して11年にロシアに帰化した。この競技がお家芸の韓国は、かつての自国の英雄を強力なライバルと見なしている。

 アンの元の名は安賢洙(アン・ヒョンス)。トリノ五輪金以外にも、03年から07年まで世界選手権で5連覇を達成するなど、韓国代表のエースだった。

 韓国メディアによれば、アンが韓国籍を捨てた大きな理由は、韓国体育大を軸にした韓国ショートトラック界の派閥争いが原因という。精神的苦痛も受けたといい、練習に専念できる環境を探していたところ、五輪の自国開催を控え、ショートトラック競技のレベルアップを目指していたロシア側から誘いがあり、これに応じた。

 ロシアに拠点を移してからは調子を取り戻した。今月中旬に行われた欧州選手権では500メートルや1000メートルなどで4冠を達成。ソチでは同競技ロシア初の金メダルをもたらすことが期待されている。

 今月23日にソチ五輪代表に正式に選ばれると、ロシア紙は「五輪のスター10人」に、フィギュアスケート男子で4大会連続で五輪に出場するエフゲニー・プルシェンコらとともに選出。名実ともに「ロシアの顔」となったアンは「もし、ソチで優勝したら、表彰台でロシア国歌を歌うことを約束する」と語った。

 アンは韓国を去った頃の思い出について、露紙に「多くの仲間から『お前は、ロシアに行って練習に励んでも、第一線に戻ってくることはできない』と言われた」と語っている。

 アンが新天地・ロシアの代表として3回目の五輪に臨むことは韓国メディアも注目しており、中央日報(日本語版)は「アン・ヒョンスを手放した韓国男子ショートトラック界は彼の後継者を見つけ出せなかった。ソチでは金メダル1個も確実でない」と皮肉を込めて報じている。

posted by toyoharu at 22:49 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

新星!初マラソンの前田彩里が4位 右胸に喪章つけて快走

 今日はデイリースポーツから大阪国際女子マラソンの記事を紹介します。
------------------
 雨上がりの浪速路に新星が現れた。一般参加で初マラソンの前田彩里(佛教大)が2時間26分46秒で日本人2番手となる4位に入った。学生記録も塗り替え「ここまで走れるとは思っていなかったのでうれしい。この経験を自分の陸上人生に生かしていきたい」と初々しく微笑んだ。

 目標は完走だった。30キロを3度走った経験しかなく、「2時間40分を切れたらと思っていた。30キロ以降は不安だった」という。だが、未体験の30キロを過ぎてもピッチは落ちない。30キロ以降のタイムは41分55秒で、終盤を得意とするガメラシュミルコ(ウクライナ)を5秒上回った。

 佛教大陸上競技部の吉川監督によると「身体能力はかなり高い」。一昨年12月に大体大で数値を計ったところ、最大酸素摂取量が体重1キログラムあたり69ミリリットルを計測、血中の乳酸値も上がりにくいことが分かった。トップ選手に迫る数値で「長距離に向いている」(吉川監督)ことを初マラソンでも証明した。

 両親も背中を押してくれた。昨年8月に元マラソン選手だった父・節夫さん(享年54)をがんで亡くした。1カ月ほど走る気持ちになれず、母・淳子さんに電話で「陸上をやめたい」と漏らした。だが、母の「頑張らなくてもいいよ」との言葉に気持ちが救われ再び走り出した。

 2時間44分21秒の自己ベストを持ち、フルマラソン40回目となる市民ランナーの母と2人で右胸に喪章をつけて出場した。前田は「後半苦しくなると、お父さんが力をくれると思っていた。お父さんは今日もいた」と父の存在を感じながら42.195キロを駆け抜けた。

 卒業後は大学の先輩でロンドン五輪マラソン代表の木崎良子が所属するダイハツへ進む。「憧れの先輩と一緒に練習できる。先輩を超えられたら」と胸を躍らせた。

 26歳コンビの渡辺裕子(エディオン)が12位、重友梨佐(天満屋)が自己ワーストタイムで64位と期待外れに終わり、日本人トップは今大会が引退レースの34歳、赤羽有紀子(ホクレン)だった。20代ランナーが台頭せず空洞化する女子マラソン界。武冨豊・日本陸連女子中長距離マラソン部長は「今後のマラソン界に期待をもたせてくれる明るい材料」と前田の快走を評価した。

 16年リオ五輪への期待も高まるが、前田自身は冷静だ。「20年の東京五輪に出場したい。アジア大会(韓国・仁川)に選んでもらえたら、東京五輪へのステップにできれば」。ニューヒロインは、6年後を見据えた。

◆前田彩里(まえださいり)1991年11月7日、熊本県菊池郡出身。大津北中で陸上を始め、久留米信愛女学院高を経て佛教大へ進学。昨年末の富士山女子駅伝で4区を走り区間賞。159センチ、45キロ。趣味はネイル。家族は母と姉。

posted by toyoharu at 23:18 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
fx
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。