2013年12月31日

株高41年ぶり、円安34年ぶり、歴史的値動きの1年

 早いもので今年も残すところ5時間になりました、今日は日経から以下のコラムを紹介します、良いお年を。
-------------------
 2013年の金融・証券市場は歴史的な株高・円安となった。日経平均株価は年間で57%上げ、41年ぶりの上昇率を記録。円は対ドルで34年ぶりの下落率になった。世界の投資マネーが新興国から先進国へと向かうなか、大規模な金融緩和などで日本が長引くデフレから脱するとの期待が浮上。内外の投資家が取引を活発に膨らませた。来年もこの流れが続くかどうかは、景気の持続的な拡大がカギを握る。

 年内最後の取引である30日の東京株式市場では日経平均が9日連続で上昇し、終値は1万6291円31銭と約6年2カ月ぶりの高値を付けた。年末にその年の高値を更新したのは2年連続、9日連続での上昇は4年ぶりだ。日経平均の上昇率は9割高だった1972年以来の大きさ。当時は田中角栄氏が首相に就任し「列島改造ブーム」に沸いた時期だった。

 外国為替市場では対ドルの円相場が1年前の86円から年間19円(18%)下落。30日は一時1ドル=105円台半ばと5年ぶりの円安水準を付けた。

 株高・円安が進んだ背景には、黒田日銀総裁が打ち出した大規模な金融緩和や、安倍首相が進める経済政策などの効果で、脱デフレが実現するとの期待がある。

 一部の商品相場は上昇が始まっている。「物価の優等生」といわれた鶏卵価格は8年8カ月ぶりの高値を付けたほか、鋼材をはじめとする産業資材価格も上昇。企業間の取引価格の動向を示す日経商品指数42種は、12月末に5年3カ月ぶりの高水準を付けた。

 こうした流れに円安も加わり「国内主要企業は14年度も2ケタの経常増益」(SMBC日興証券)との見方が多い。日本株売買の6割前後を占める海外投資家は世界の有望市場として日本に注目。今年の海外勢による日本株の買越額は過去最大の15兆円弱にのぼった。野村証券の田村チーフ・ストラテジストは「政権が市場をよく見ているとの信頼が根底にある」と指摘する。海外勢の買いがけん引し、東証1部の年間株式売買代金は昨年の2倍に膨らんだ。

 東証で30日開いた大納会には、現職の首相として初めて安倍首相も出席。「経済はマイナスからプラスに大きく転じた」と指摘、「来年もアベノミクスは買いだ」と強調した。市場では、今後も株高が持続するには「企業業績の回復傾向が崩れず、設備投資が本格化し資金の好循環が強まることが条件」(メリルリンチ日本証券の神山チーフストラテジスト)との声が出ている。

 世界に目を向けても、投資マネーはこの1年間で新興国から先進国へと向かう流れを強めた。

 米国ではFRBが量的緩和を縮小するという観測が年央から浮上し、新興国から余剰マネーを引き揚げるとの見方が台頭。中国やブラジルなどの株式市場から資金が流出した。一方、景気が回復基調にある米国やドイツでは株価が史上最高値を更新。安全資産とみなされることが多い金からはマネーが流出した。

 米国での緩和縮小は米景気の力強さの裏返しでもあるうえ、米国の金利上昇を通じてドル高・円安を促す。米国で事業を展開する日本企業にとっては輸出面、採算面の両面で追い風となる。そうしたことも、日本株を押し上げた理由の一つになった。

 市場では、14年の世界経済も先進国主導の回復局面が続くとの見方が多く、投資マネーが向かう先について「先進国が優位な状況は変わらない」(みずほ証券)との声がある。半面、新興国経済への懸念はくすぶっており、日本の景気にとってもリスク要因となる。
posted by toyoharu at 19:04 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

箱根駅伝区間エントリー発表

 いよいよ、箱根駅伝の区間エントリーが発表されました、当日に補欠との交代が2日間合計で4人まで可能です、楽しみです。
-------------------
日体大
周防(2年)−本田(4年)−滝沢(3年)−坂本(1年)−服部(4年)
鈴木(4年)−山本(1年)−奥野(2年)−矢野(4年)−甲斐(4年)
補欠
石若(4年)加藤(3年)木村(3年)勝亦(2年)小泉(2年)山中(2年)
  日体大は服部5区、矢野9区は既定路線ですが、問題は1区。来年の1区はスピードレースになると事前の予想もされてましたので、ひょっとすると今年1区の勝亦でなく、山中を1区に起用してくる可能性が高いでしょう。山中なら中村・大迫相手でもある程度対応できるでしょうしね。

東洋大
田口(3年)−服部勇(2年)−齋藤(3年)−今井(3年)−成瀬(1年)
日下(4年)−服部弾(1年)−高久(3年)−上村(2年)−大津(4年)
補欠
佐久間(4年)設楽啓(4年)設楽悠(4年)延藤(4年)淀川(3年)寺内(2年)
  東洋大は1区田口ですか。中村・大迫が1区という事は田口に代えて設楽悠の1区も想定できそうです。5区に設楽啓を入れてきそうですが、成瀬も山候補と言われていたのでそのままの可能性もあります。

駒澤大
中村(3年)−村山(3年)−油布(4年)−中谷(1年)−馬場(2年)
西澤(3年)−西山(1年)−郡司(4年)−染谷(4年)−猪浦(3年)
補欠
岸本(4年)窪田(4年)黒川(3年)其田(2年)ニ岡(2年)大塚(1年)
  出雲・全日本2冠の駒澤は予定通り中村・村山でリードを奪う作戦。大迫と中村の戦いは楽しみです。5区の山は予想された通り馬場でした。ロードの強さは倉敷高時代から定評がありますし、登りに強いですからね。窪田は補欠で様子見。満を持して9区という事になりそうですね。

早稲田大
大迫(4年)−高田(2年)−武田(1年)−平(1年)−高橋(3年)
三浦(2年)−田中(4年)−山田(3年)−田口(3年)−志方(4年)
補欠
相原(4年)臼田(3年)山本(3年)中村(2年)柳(2年)井戸(1年)
 早稲田は大迫が3区でなく1区という事は、山本の怪我が癒えていないのかなと。これは結構苦しい戦いになりそうです、山本が仮に出られない場合は、臼田か中村か井戸が山に入るのか。高田はロードに強いですが、2区の1戦級の選手たち相手にどこまでできるか。相原以外は区間変更もありそうです。

posted by toyoharu at 23:46 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

都知事選にまつわる3大ジンクス

 今日は前日弁連会長の宇都宮健児氏が都知事選に出馬表明しました。YAHOOニュースから以下のコラムを抜粋して紹介します。
-------------------
  ところで、都知事選にまつわる3大ジンクスの1つに「後出しじゃんけんの法則」があります。他候補が出揃ったのを見計らって表明した方が、新味や勢いがある候補だとみられがちで選挙戦を有利に展開できるというものです。

 理由はこうです。大手メディアが集中する首都ですから、有力候補が名乗りを上げたとたん、政策や主義主張、経歴などはもちろんのこと、家族や交友関係、ファッションに至るまで詳細に報じられることになります。

 告示前の報道は出馬表明の順ですから候補者数が少なければよし、多ければ早い時期に名乗りを上げた候補はどうしても印象が薄くなってしまいます。加えて告示前は、ライバル陣営などよるネガティブ・キャンペーンを行われる危険性もあります。

 告示直前まで立候補の意思を秘して、彗星のごとく現れるとなると、当然のことながら選挙運動の期間が短くなります。その点、知名度が高ければ、周知にはさほど時間は要りません。 「後出し」の代表例が、平成11年都知事選で初当選したの石原氏でした。各政党の推薦候補が名乗りを上げるのを待ちつつ「出馬の意思あり」の情報を流してじらし、“本命登場”という舞台を作り上げたのです。たいていの政党や候補は、石原陣営のような巧みな演出はできません。

 2つめのジンクスは、東京都以外の首長を経験した候補は都知事にはなれない、というものです。 最近では、神奈川県知事を務めた松沢成文(24年の都知事選)、宮崎県知事だった東国原英夫元衆院議員(23年)、宮城県知事経験者の浅野史郎氏(19年)、島根県出雲市長だった岩國哲人元衆院議員(7年)らが挑戦していますが、結果は東国原、浅野両氏は次点で、松沢、岩国両氏は3位に終わりました。

 “外様”感とでもいうのでしょうか。よそ(他県市)の首長をひとたび務めた人物に対しては、有権者は後ろ向きな感情を抱きがちなようなのです。

 3つめのジンクスは、官僚出身と「女」は厳しい、ということです。

 自治事務次官や副長官を歴任し、都の副知事を経た鈴木俊一氏が昭和54年から平成7年まで4期務めて以降、官僚出身者は一人も都知事になっていません。都知事選に限らず、行政官出身で選挙に出る候補は真面目で華がなく、パフォーマンスは苦手な人が多いのです。

 また、女性にとっては各級選挙とも厳しいものですが、直近2回の都知事選では立候補者もいません。今回都知事選では、安倍晋三首相が「若い女性がいい」といったという話が流布したため、自民、民主両党の女性候補や女性キャスターの名前もしきりに取り沙汰されています。もし女性が立候補したとしても、本当に力量があるのか、五輪を開催する東京のトップとしてふさわしいかどうかの観点での判断が必要でしょう。

 前回は衆院選と同日の24年12月16日に実施され、前々回は統一地方選前半戦と同じ23年4月10日でしたから、この3年間はほぼ1年ごとに行われていることになります。首相が1年ごとに交代することの外交・内政面での不利益は、よく知られるところとなりました。都政も同様と考えたいと思います。
posted by toyoharu at 21:57 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

三度目で決断した安倍首相 366日目の靖国参拝

 今日は日経から以下のコラムを抜粋して紹介します。 
-------------------
 12月25日、安倍首相は翌26日朝の閣議の開始時間を当初の予定から約1時間前倒し、それに続くあるインタビューの約束もドタキャンして創り出した2時間の空白。それは首相再登板から1年の間に2度、迷ってやめた靖国神社への参拝を「三度目の正直」で敢行する決意の表れだった。

 「国のために戦い、倒れた方々に対し、手を合わせ、尊崇の念を表し、ご冥福をお祈りするのは当然だ。第1次内閣で任期中に参拝できなかったことは痛恨の極みだ」と繰り返し述べてきた安倍。その言葉を裏付けるように、第2次内閣を発足させた翌日の2012年12月27日朝、電撃的な参拝を考えていた。

 「そんなことをすれば、内閣が3日でつぶれてしまう。秘書官として2度も首相の不本意な退陣を見るなど耐えられない」

 こう、体を張って止めたのは、首席首相秘書官に就いた今井尚哉。保守色の強い政治信条で安倍の「兄貴分」の首相補佐官の衛藤晟一らは「参拝は当然という言葉を首相が守らないと13年7月の参院選で不利になる」と説いたが、安倍は自重した。

 官邸内が再び波立ったのは参院選でも勝った後の、10月16日。翌17日からの靖国神社の秋季例大祭を前に、参拝を主張する衛藤や内閣官房参与の飯島勲らと、中国、韓国との関係悪化を考えて慎重論の外務省や、同じく参与の谷内正太郎らが対立していた。安倍は再び参拝に傾いていた。16日夜、安倍が待つ首相公邸に杉田官房副長官、菅官房長官が相次いで駆け込んだ。

 夜遅くまでかかって参拝見送りで安倍を説得したのは菅だ。折しも台風26号が襲った伊豆大島の災害が深刻化して「官邸は危機管理に専念する必要がある」との名目で、安倍は再び思いとどまった。

 飯島は「中韓との関係は靖国に行かなくても既に最悪ではないか。参拝しても同じだ」と論陣を張った。衛藤は11月に訪米し、オバマ政権の感触を探っている。

 丸1年、参拝の機会をつかめなかったとなると、賛成・反対の両勢力に「第2次内閣でも参拝しない意思表示だ」と受け止められ、本当に行けなくなりかねない。安倍にはそんな焦りもちらついた。12月24日には靖国神社側に「年末参拝の可能性」という情報がもたらされた。安倍は26日11時30分に参拝実行と見定め、日程に隙間をこしらえたが、1時間前に公表するまでは厳重なかん口令を敷いた。

 首相談話の「不戦の誓い」は小泉元首相も在任中の参拝に際して表明しているが、安倍はその趣旨を二度三度と繰り返して強調した。小泉とは異なる新機軸も繰り出した。靖国神社本殿への参拝とは別に、同神社内にあり、戦争で亡くなったが、合祀されていない国内の人々、さらに諸外国の戦争犠牲者も慰霊している「鎮霊社」にも参拝したのだ。

 これらを通じ、中韓両国を極力、刺激しない配慮を凝らしたつもりの安倍。「この気持ちを直接説明したい」と両国に首脳会談の開催を改めて呼びかけるが、やはり首相の靖国参拝を好ましくないと考える米国も含めて反発や波紋は広がる一方。政権2年目の2014年の安倍外交への影響は見通せない。
posted by toyoharu at 23:24 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

田中の大リーグ挑戦本決まり 

  今日は47ニュースから以下のコラムを紹介します。 
-------------------
 楽天がエース田中将大投手の大リーグ移籍志望を容認し、日米球界注目の大物トレードが実現に向かって大きな一歩を踏み出した。楽天にすればまったく予想外の事態の推移が悩みの種となった。かつて旧ポスティングシステム(PS)の下、松坂大輔やダルビッシュ有らが50億円以上ともいわれる巨額の移籍譲渡金を古巣にもたらした上で、米国に渡っていった。

  ところが、すったもんだの末、日米で合意をみた新PSで譲渡金の上限は2千万ドル(約20億8千万円)に抑え込まれ、獲得に名乗りを上げた全球団との交渉が可能になった。旧制度とはあまりにも大きな落差があった。しかし、田中は昨年オフに自らの意思を球団に伝えていたし、星野監督や三木谷オーナーらが若者の挑戦を称揚するような考えを公言していたいきさつもあって、今さら金銭面のマイナスを前面に押し立てる訳にはいかない。もちろんイメージ低下を招くようなことがあってはならず、「チームへの田中の貢献を高く評価して」との結論に落ち着いた。

 楽天の容認の意向は日本野球機構(NPB)を通じて米国の30球団に伝えられた。その通知の翌日から30日以内が米球団との交渉期間となる。共同通信電によると米大リーグの公式サイトは早速ニュースを速報。「いくつもの球団が獲得に乗り出すのは間違いない」としたうえ、この右腕が「米移籍市場に熱狂をもたらすだろう」と予想した。

 譲渡金が大幅ダウンしたことで財政的に余裕のないところにも参加の機会ができ、ある米関係者は10〜15球団が名乗りを上げるのではと見立てる。ところが獲得するためには譲渡金、年俸総額などを合わせて1億ドル(約104億円)近くが必要になるとも予測されている。フリーエージェント(FA)となっている大物大リーガーの移籍にも大きな影響を及ぼすのは必至だ。

 今年の賞を総なめにした田中は年末も表彰式出席やら大晦日の紅白歌合戦の審査員と超多忙を極めている。そこへ夢の新天地への準備が重なる。契約交渉に至るまで公私両面で何かと面倒を見てもらう代理人の選定が先決問題か。何を基準に球団を選ぶのか。即優勝を狙える環境を選択するのか、日本人選手が身近にいることを望むのか。家族同伴となるだろうから、治安のよさなど生活拠点の確保も大きなポイント。

 大リーグのバッテリーキャンプが始まるのは来年2月15日頃で、時間的な余裕はない。ピンチになれば一層輝きを増した剛腕と度胸満点のマウンドさばき。目前の煩わしさなどに惑わされず、わが道を突き進む田中の姿を信じていたい。
posted by toyoharu at 22:39 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
fx
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。