2013年08月31日

慢性白血病、兆候気付いて

 今日は日経から以下の記事を紹介します。
------------------
  健康診断で血液検査を受けて「白血球がやや多い」「要経過観察」などの結果が出ても大して気にとめないという人は多いだろう。慢性の白血病は「通常の健康診断で確実にかかっていると判断するのは難しい」と、がん研有明病院血液腫瘍科の畠清彦部長は指摘する。「急性なら発症から1〜3週間で見つかるが、慢性だと数カ月から数年たってわかることもある」という。

 白血病は4つのタイプに分類される。骨髄性、リンパ性のそれぞれに急性と慢性がある。慢性骨髄性白血病は国内で年に約5000人が発症、個人差もあるが、数年のうちにほぼ確実に急性に転じる。見つかったら直ちに投薬などの治療が必要だ。

 慢性リンパ性白血病患者は年間数百人と米欧に比べて少なく、発症率は10万人あたり約0.5人。60代半ば〜70代半ばを中心に高齢の患者が多く、高齢化社会が進むとともにさらに増える可能性がある。病気の進行はゆっくりで、診断がついてもしばらくは薬なしで経過観察するケースも多い。

 血液検査で、どんな数値の時に慢性白血病が疑われるのだろうか。白血球の数は1マイクロリットルあたり4000〜9000なら正常の範囲内。1万5000〜2万に増えたら発症の可能性がある。

 白血病になると血液成分のバランスが崩れ、血小板が減る。1マイクロリットルあたり14万を下回ったら要注意。5万より減ると歯茎などから出血がみられるようになる。赤血球のヘモグロビンも減り、貧血症状が出てくる。0.1リットルあたりの数が10を切るようだと少なすぎる。脈が速まり、疲れやすいなどの症状も現れる。

 細菌やウイルスから体を守ってくれる白血球が異常をきたすので感染症にかかりやすくなる。病気が進むと首やわきの下、足の付け根などのリンパ節が腫れる。食欲不振や発熱、発疹などの症状も知られる。帯状疱疹だと思ったら白血病だった例もあるという。正確な診断には、血液細胞の中に変わった形のものがないかなど専門機関で詳しく調べる必要がある。遺伝子の異常も見る。

 慢性骨髄性白血病は、原因となる遺伝子が作り出すたんぱく質を狙い撃ちする分子標的薬「イマチニブ」が2001年に承認され、劇的に治療成績が上がった。がん研有明病院の畠部長によると、骨髄移植による治療が多かった1970年代終わり頃の10年生存率は数パーセントだったが、今では約80%だ。

 イマチニブが効きにくい患者には、第2世代の「ダサチニブ」と「ニロチニブ」が登場。これらのいずれにも耐性ができて効き目がなくなる患者に対しても第3世代の「ポナチニブ」が開発され、日本でも臨床試験が進行中だ。

 一方、慢性リンパ性白血病は新薬の投入が遅れていたが、今年に入り、異常増殖したBリンパ球表面の「CD20」たんぱく質とくっついて攻撃する新しい抗体医薬「オファツムマブ」が承認された。

 日本血液学会は治療法の進歩を踏まえ、血液のがんが対象の「造血器腫瘍ガイドライン」を作成している。Q&A方式で治療の流れ、選択肢、根拠となる研究論文などを示す。ガイドラインがあれば「医師も患者も自信をもって治療に臨めるようになる」と期待する。分子標的薬を効果的に使うには遺伝子診断が重要になるが、どこまで保険適用の対象に含めるかなどは今後の検討課題だ。
posted by toyoharu at 19:20 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

世界の対中投資が再び急増

 今日はロイターニュースから以下の記事を紹介します。
------------------
 世界の対中国直接投資が昨年の落ち込みから回復、再び勢いづいている。尖閣問題という逆風下にある日本も今年上半期は2ケタ増となった。しかし、日本は投資額ではトップにあるが、反日感情に神経を尖らせながらのビジネスを続ける企業もなお多いほか、主戦場となる内陸部への食い込みにも課題を抱えている。

 「尖閣問題による反日暴動以降途絶えていた日本企業の訪問が再び急増している」中国内陸部の都市武漢の委託を受けて日本企業の誘致窓口となっているシスプロ(大阪府)の興津一夫・武漢事務所長はこう語る。中国問題に詳しいキャノングローバル戦略研究所の瀬口清之・研究主幹も「今年は尖閣問題によって日中関係が過去最悪の状態にあり、直接投資の伸びは昨年に比べて大幅に鈍化するか、または前年の水準を下回るのではないかと考えられていた」と指摘、「前年とほぼ同じ伸びに達した」と驚きを隠さない。

 各国が今年になって再び猛烈な勢いで投資を再開したのは、昨年の減速の反動もある他、中国消費市場の拡大ペースが他市場の追随を許さないからだ。日本貿易振興機構(JETRO)によれば、2012年1年間の名目のGDP増加額は約7400億ドルとトルコ1国分に匹敵しており、各国の進出企業は市場開拓をさらに強化する方向にある。

  各国の中国ビジネスにとって、主戦場となっているのは成長率の高い内陸部。沿岸部の成長率が7%を割るほど減速している一方で、内陸部では、人口2800万人の重慶を始め、1000万人超の武漢や成都などの大都市が11〜13%の成長を続けている。

 日本企業は、内陸部には自動車産業が先んじて進出している。しかも投資は勢いが衰えておらず、ホンダは 昨年武漢で第2工場が稼動、スズキは重慶に第2工場を建設中だ。

 ただ、日本企業の間には、尖閣問題をめぐる反日暴動の後遺症があり、いまだに思い切った宣伝活動もままならないというハンディを抱えている。内陸部への販売網展開による成功例と言われるダイキン工業でも、中国関連事業への取材受付やPRを避けている他、日本企業であることを前面に出さないような販売方法を模索する企業もある。

 内陸部攻略の難しさについて、セブンイレブン・ジャパンでは「まず物流に欠かせないインフラ整備が沿岸部に比べて遅れている。また、顧客ニーズの把握や流通オペレーション、物流工場など、販売網構築のための見極めが難しい」という。進出実現には、現地企業との連携により、情報やマーケティングが欠かせないとしている。同社では今後新たに重慶で展開するにあたり、三井物産、地元食品企業と提携した。

 JETROは、中国での販路拡大には良いパートナーと連携することが成功のカギだと指摘する。また、売上をさらに拡大するためには、進出日系企業のみならず、非日系外資系企業や中国地場企業にも販売を強化していくことが必要だと指摘している。

 瀬口氏も、内陸部の販路拡大でうまくいっていない日本企業も多いと指摘。情報の獲得には中国人の活用が欠かせないと指摘。日本企業の多くが採っている事業部制からエリア制に移行し、中国人トップを据えて現地化をはかっていくことが重要だとみている。
posted by toyoharu at 22:47 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

中国人ツアーに随行する添乗員の苦労は大変なものだ

 今日はYAHOOニュースから以下の記事を紹介します。
------------------
 世界各国でマナーの悪さが問題になっている中国人観光客だが、彼らに随行する添乗員の苦労は大変なものだ。添乗員にとってツアー客はあくまでも大切なお客様。機嫌を損ねてしまっては、ツアー全体の評価が下がるからだ。銭江晩報が伝えた。

 ベテラン添乗員の湯敏軍(タン・ミンジュン)さんは、これまでにいろいろなタイプのツアー客に遭遇してきたが、そのなかでも一生忘れられそうにないツアー客がいたという。タイ・シンガポール・マレーシアを巡るツアーで、シンガポール航空に搭乗した湯さん率いるツアー客30数人全員が、機内食に出されたステンレス製のフォークやナイフを持ち帰るために荷物に仕舞い込んだのだ。

 これに気づいた客室乗務員が返却を求めると、ツアー客らは「家族が『機内で出されたナイフとフォークは持ち帰っていい』と言った」と主張した。「それはプラスチック製の使い捨て食器であり、ステンレス製の食器は持ち帰れない」と客室乗務員が説明すれば、彼らは「知り合いが以前、同じシンガポール航空に乗ったけど、ナイフとフォークは持ち帰り可能だった。私たちが飛行機に乗ったことのない田舎者だと思ってバカにしてるんだろう!」と逆ギレする始末。

 困り果てた乗務員は湯さんに「1人や2人が持ち帰るのならまだしも、ツアー客全員が食器を持ち帰ってしまっては、後続の路線の機内食サービスに支障をきたす。こうした行為は絶対に許されない」と訴えた。湯さんはツアー客1人1人に事情を説明し、返却を求めたが、「みんながやってるから大丈夫」とばかりに誰も応じようとしない。

 ついに頭に来た湯さんが「中国人の顔に泥を塗るような真似をしないで下さい!」と怒鳴ったところ、ようやく全員が渋々ながらもナイフとフォークを乗務員に返したという。

posted by toyoharu at 23:07 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

対照的な駅員のお話

 今日は朝日新聞から以下のニュースを紹介します。
------------------
  神奈川県警は、京急横浜駅の改札口で女性駅員(21)の顔を殴ったとして、横浜市南区新川町1丁目の無職蛯名宙(ひろし)容疑者(34)を暴行容疑で現行犯逮捕した、と27日に発表した。

  女性駅員は柔道経験があり、容疑者を背負い投げ。倒れたところを数人の駅員らが取り押さえた。蛯名容疑者は「帽子をはたいただけだ」と否認しているという。

 発表によると、蛯名容疑者は26日午後11時ごろ、乗り越し精算をせずに改札を通ろうとした。女性駅員が精算を求めた際、「いつもやっているから。いいんだよ」と駅員の顔を数回、殴った疑いがある。

 女性駅員は高校時代に柔道を習い、有段者という。京急広報は「暴力を振るわれる事件が増え、駅員は護身術の訓練を受けている。今後も適切に対応していく」としている。
------------------
 JR西日本は26日、近畿統括本部大阪総合指令所の男性社員(28)が客として乗っていた電車内で、業務用コックでドアを開け、電車を非常停止させたと発表した。男性社員は調査に対し「泊まり勤務明けで泥酔していた。降りる駅を通り過ぎていたのでドアコックを扱った」と説明。JR西は処分を検討している。

 JR西によると、男性社員は14日午後7時ごろ、JR宝塚線の川西池田駅(兵庫県川西市)を出た直後の下り普通電車(7両編成)で、最後部車両のドアの上部に設置されている業務用のコックをひねってドアに隙間をつくり、こじ開けて降りた。

 すべてのドアが閉まっていることを示すランプが消えたため、運転士が非常ブレーキをかけて急停止。約300人の乗客にけがはなく、電車は約5分後に運転を再開した。防犯カメラの映像などから男性社員が浮上した。社員には計7年半の運転士・車掌経験があるという。
posted by toyoharu at 22:10 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

肺がんでも膵臓がんでも早期発見できさえすれば!

 今日は朝日新聞から以下のコラムを抜粋して紹介します。
------------------
 早期発見しても再発するタイプの肺がんを見つける方法を、国立がん研究センターの山田哲司・創薬臨床研究分野長らのチームが開発した。特定の遺伝子に異常がある肺がん患者は死亡する危険性が10倍以上高かった。こうした患者に手術の後に抗がん剤治療をすれば、再発を防げる可能性がある。英医学誌で発表した。

 肺がんは毎年10万人が新たに診断され、死者が最も多いがん。研究チームは、肺がん患者の6割を占める「腺がん」と呼ばれる種類の診断法を開発した。

 国立がん研究センターの早期肺腺がん患者290人を調べたところ、1割は「ACTN4」という遺伝子が異常に増えていた。異常がある患者の5年生存率は57%、異常がない患者は95%で、年齢や喫煙歴などの要因を考慮して死亡リスクを比べると、異常のある患者は10.5倍高かった。

 ACTN4がつくり出すたんぱく質の量について患者645人を分析したところ、血液中でたんぱく質が多い人は少ない人よりも5年生存率が低かった。

 研究チームは、簡便なたんぱく質の検査で調べ、異常が確認された患者は遺伝子検査で詳しく調べる方法を提案。ベンチャー企業がたんぱく質と遺伝子の診断薬などを開発した。薬事承認のための臨床試験を年内にも始める予定という。

 手術を受けた患者の約半数は早期発見の患者。現在は早期の肺がん治療は手術でがんを切り取るだけで、抗がん剤治療はしない。山田さんは、「検査で再発しやすい患者を見つけ、手術後に抗がん剤治療などを加えれば、がんの再発を減らせる」と話している。

 さらに、発見が難しく、毎年3万人近くが亡くなる膵臓がんを血液検査で早期のうちに見つける方法を国立がん研究センターなどが開発した。血液中の特定のたんぱく質が減少しているかどうかを調べ、早期でも9割以上の精度で発見できるという。

 膵臓がんは自覚症状が無い上に胃などの後ろにあるため検査が難しく、見つかった時は手遅れになることが大半だ。5年生存率は13%と低く、年約2万9000人が亡くなり、がん死亡で5番目に多い。

 研究チームは、膵臓がん患者112人と健康な人103人の血中のたんぱく質を比較。コレステロール代謝と関係あるたんぱく質「アポリポたんぱく(Apo)」のうち、アミノ酸の数などが変化した2種類の量が、健康な人の7〜8割に減っていることを確かめた。

 国立がん研究センター中央病院や東京医科大病院など7病院の約830人の血液でこの2種類を調べたところ、早期の膵臓がんでも92%の精度で発見できた。

 人間ドックなどでは、膵臓がん患者で増える抗原を血液検査で調べる腫瘍マーカー検査が行われているが、がんがある程度大きくならないとわからない。研究チームが新しい検査法と既存の腫瘍マーカー2種類を併せて実施すると、精度は99%以上になった。

 検査試薬などのセットは、今年度中に完成する予定。チームの山田さんは「膵臓がんでも早く見つければ5年生存率が6〜7割と高くなる。血液検査で早く見つける意味は大きい。数年以内に各地の病院で実施できるようにしたい」と話す。
posted by toyoharu at 22:26 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
fx
アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。